メラノCCが合わない人の特徴|かぶれたのは成分?偽物があるって本当?

メラノCCが合わない人の特徴|かぶれたのは成分?偽物があるって本当?

メラノCCシリーズは、ビタミンC配合でシミやニキビに良いと人気の化粧品シリーズです。

ですが、

  • メラノCCってすごくいい!って聞いたから使ってみたけど合わなかった・・・
  • お手頃価格だから買ってみたけれど、かぶれた・・・
  • 赤くなってヒリヒリした・・・

という方も・・・。

今回は「メラノCCが合わない人の特徴」ということで、メラノCCの特徴や成分について詳しくまとめてみました。

化粧水、美容液、保湿クリーム別にまとめてみたので、気になるところからチェックしてみてくださいね。

「何が合わなかったんだろう?」という方の参考になれば嬉しいです。

それでは、さっそくいってみましょう。

目次

メラノCCが合わない人の特徴:かぶれた理由は?

まずは、メラノCC化粧品シリーズの共通点です。

共通しているのは、

  • エタノール(アルコール)が入っている
  • ビタミンC(ビタミンC誘導体)の配合率が高い
  • パラベンや香料が入っているので、無添加ではない

というところです。

エタノールは、肌に清涼感を与え肌を引締めてくれます。

なので、エタノールが問題ない方にとっては毛穴が気にならなくなるなど嬉しい成分。

ですが、エタノールが合わないと、肌がしみたりヒリヒリしたり刺激を感じることがあります。

また、ビタミンC誘導体は、濃度が濃いと赤みやかゆみが出てしまうこともあります。

メラノCCは高濃度のビタミンC誘導体を配合しているので、肌が敏感な方には、もう少しビタミンC誘導体の配合率が低い化粧品をおすすめします。

さらに、メラノCCには、アイテムによって、香料やパラベンなどの添加物成分が配合されています。

香料もパラベンも「香りづけをして使用感を良くする」「化粧品の品質を保つ」という成分。

悪い成分ではないですが、気になるようであれば、無香料やパラベンフリーの化粧品をおすすめします。

メラノCCが合わない人の特徴:化粧水が合わない理由

メラノCCの化粧水は、医薬部外品で、ビタミンC誘導体と肌荒れケア成分グリチルリチン酸ジカリウムが有効成分になっています。

メラノCC化粧水には通常タイプとしっとりタイプがありますが、

  • 通常タイプ・・・エタノール・メントール配合
  • しっとりタイプ・・・エタノール・メントール不使用

ということで、大きな違いがあります。

「通常タイプを使ってみたら合わなかった・・・」という場合は、しっとりタイプに切り替えてみるのも良いと思います。

メラノCCの化粧水については、こちらの記事に詳しくまとめてみたので参考にしてくださいね。

メラノCC化粧水でニキビが悪化した?肌荒れしたのは成分が原因!?

メラノCCが合わない人の特徴:美容液が合わない理由

続いては、メラノCCの美容液です。

美容液も医薬部外品で、通常タイプとプレミアムの2種類あります。

メラノCCの美容液は「高濃度ビタミンC美容液」ということで、ビタミンC誘導体の配合率がかなり高いです。

そのかわり

  • 通常タイプ・・・エタノール・パラベン不使用
  • プレミアム・・パラベン不使用

となっています。

プレミアムのエタノール配合率も低いので「メラノCCの美容液が合わなかった・・・」という場合は、ビタミンC誘導体の濃度が高すぎて合わなかった・・・という可能性が高いです。

メラノCC美容液については、こちらの記事に詳しくまとめてみたので、参考にしてくださいね。

メラノCC美容液とプレミアムの違いは?どっちがおすすめ?成分比較

メラノCCの美容液よりはちょっとだけお値段は高いですが、SNSや口コミで人気なのが、アンレーベルラボのVエッセンスです。

無添加成分も多くて、肌に優しいと高評価なので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

アンレーベルラボにはこちらの記事にまとめています。

アンレーベルラボどれが良い?効果的なのはレチノールorVエッセンス?

それから、ビタペアCセラム。

こちらは韓国コスメなのですが、本音で評価する雑誌「LDK」で一押しのシミ対策美容液になっていました。

ビタペアCセラムについては「ビタペアCの使い方と順番は?美容液/マスク/クリームの効果も解説」にまとめてみたので、参考にしてくださいね。

メラノCCが合わない人の特徴:美白ジェル・保湿クリームが合わない理由

メラノCCには保湿ケアとして美白※ジェルと保湿クリームがあります。

※メラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

美白ジェルも保湿クリームも医薬部外品。

ビタミンC誘導体がたっぷり入っている印象です。

美白ジェルは、エタノール・パラベン・香料が入っていますが、保湿クリームは香料のみになっています。

なので、肌に優しい処方なのは保湿クリームです。

実際に使ってみた感想は「メラノCCのジェルとクリームどっちが効果ある?順番や使い方も解説」にまとめてみたので、使用感をチェックしたい!という場合は参考にしてください。

「美白ケアをしたいけれど、もっと低刺激な保湿クリームを探している」

という場合は、キュレル美白シリーズの保湿クリーム。

「ニキビケアをしたいけれど、もっと低刺激な保湿クリームを探している」

という場合は、ミノンのアクネシリーズのミルク(保湿乳液)などがおすすめかなと思います。

メラノCCに偽物があるって本当?

メラノCCは、プチプラコスメで購入しすい化粧品ですが「偽物で肌荒れした…」という声も…。

偽物のパッケージは、ニキビが「ニキピ」になっていたり、ビタミンCが「ビタミソC」になっていたりするそう…。

Qoo10は安くてお買い物が楽しくなりますが、結構偽物が多い印象です^^;

また、Amazonでも偽物が販売されているとのことなので、レビュー件数やレビュー評価が多いお店から購入したほうがよさそうです。

メラノCCが合わない人の特徴のまとめ

メラノCCは、肌に合う方には本当に良くて、圧倒的に良い口コミが多い化粧品シリーズです。

ですが、肌に合わない場合は、ニキビや肌荒れが悪化したり、かぶれたり赤くなったりと、残念な気持ちとともに「どうして私だけ合わないの?」と不安な気持ちに・・・。

でも、無理に使用すると、炎症を起こした肌がシミになったりニキビ跡になったりするので、合わない場合は早めに違う化粧品に切り替えたほうが良さそうです。

また「これからメラノCCを使ってみようと思っているんだけど・・・」という場合は、

  • 化粧水・・・しっとりタイプ
  • 美容液・・・プレミアムタイプ
  • クリーム・・・保湿クリーム

を選んだほうが肌への刺激が低い可能性があるので、心配な方は参考にしてくださいね。

「ニキビケアをしたいけれど、エタノールフリー無香料のものがいい」という場合は、こちらのオルビスクリアが使ってみて良かったです。

もしよかったら参考にしてくださいね。

オルビスクリアフル口コミ|ニキビへの効果はある?使ってみた感想

◆関連記事◆

ハトムギ化粧水が合わない人の特徴は?赤み&ヒリヒリする理由は何?

ドクターシーラボVC100の成分|ヒリヒリ&合わない理由は何?

ダイソーの化粧品はやばい!?危険?成分が肌に悪いって本当?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次