豆乳イソフラボンはニキビが増える?下地や化粧水が合わない理由は?

豆乳イソフラボンはニキビが増える?下地や化粧水が合わない理由は?

豆乳イソフラボンシリーズは、肌をしっかり保湿してくれるので「ニキビに良かった」という声も多いです。

ですが、

  • 豆乳イソフラボンを使ったらニキビが増えた…
  • 下地や化粧水が合ってない気がする…
  • ニキビが増えたのは成分が原因なの?

など、反対に「ニキビが増えてしまった」「ニキビに良いって聞いたのに残念…」という声も…。

今回は、豆乳イソフラボンでニキビが増えてしまった理由や成分について詳しくまとめてみました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

豆乳イソフラボンはニキビが増える?口コミはどう?

豆乳イソフラボンは、良い口コミが多くて…

と「ニキビに良かった」という声もあります。

一方、

保湿力がありすぎる、肌に蓋をする油分が多すぎることで、ニキビが増えたという声や、

「洗顔料や下地など豆乳イソフラボンシリーズ自体が合わない…」

「安くて合わない…」

という声もありました…。

豆乳イソフラボンでニキビが増えてしまう理由

「豆乳イソフラボン」と聞くと「肌に優しい」「敏感肌でも大丈夫そう」というイメージです。

エタノールが原因の可能性

ですが、豆乳イソフラボンシリーズは、エタノール(アルコール)とパラベン(防腐剤)が全アイテムに配合されています。

ニキビができているときにエタノール入りの化粧品を使用すると、しみたり炎症を起こしてしまったりすることも…。

なので豆乳イソフラボンを使用して「ヒリヒリする…」「しみる…」という場合は、エタノール不使用の化粧品を探してみることをおすすめします。

グリセリンが原因の可能性

また、豆乳イソフラボンは、保湿力が高いアイテムが多いので、脂性肌や皮脂バランスが乱れている混合肌の場合も、ニキビができやすいです。

その保湿力は、豆乳イソフラボンというより「グリセリン」です。

グリセリンは、ニキビの原因になる「アクネ菌」のエサになる成分なので、肌バリア機能が低下しているとニキビができやすくなってしまいます。

グリセリンフリーやオイルカットのニキビケア化粧品も結構あるので「さっぱりめでほどよく保湿されるほうが良い」という場合は、探してみるのも良いと思います。

豆乳イソフラボンシリーズでニキビができにくいアイテムは?

豆乳イソフラボンシリーズでニキビができにくいのは、全アイテムが「医薬部外品」の美白※シリーズです。

※メラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

  • 薬用クレンジング洗顔
  • 薬用泡洗顔
  • 薬用美白ミスト化粧水
  • 薬用美白美容液
  • とろんと濃ジェル(オールインワン)
  • 薬用美白スポッツクリーム
  • 薬用美白スキンケアUV下地

薬用美白シリーズは、クレンジングからオールインワンまでありますが、全アイテムに肌荒れ防止・ニキビ防止の有効成分「グリチルリチン酸2K」が配合されています。

今使用している豆乳イソフラボンで「ヒリヒリしないよ」という場合は、エタノールが大丈夫な肌質だと思うので、美白シリーズに切り替えてみるのも良いと思います(*^_^*)

豆乳イソフラボンはニキビが増える?のまとめ

豆乳イソフラボンシリーズは、お値段が安いこともあって、思ったより豆乳イソフラボン成分( 豆乳発酵液、 ダイズエキスなど)の配合率が低いです^^;

なので、ニキビが増える原因は、

  • エタノールが合わなかった
  • グリセリンがダメだった
  • 脂性肌で油分が多すぎた

という理由になるのかなと思います。

ただ「ニキビに良かった」という声も多いので、豆乳イソフラボンは、乾燥ニキビができやすい方や乾燥肌の方にとっては、おすすめの化粧品だと思います。

◆豆乳イソフラボン関連記事◆

豆乳イソフラボン化粧水はニキビや肌荒れに悪い?良い?成分を解析!

豆乳イソフラボンアイクリームどっちがいい?効果&成分の違いは何?

豆乳イソフラボンアイクリームの効果的な使い方!二重や涙袋になる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!