イニスフリーパウダーの違いは?全10種類の効果&成分を徹底比較!

イニスフリーパウダーの違いは?全10種類の効果&成分を徹底比較!

イニスフリーのパウダーは「プチプラなのに肌がとってもきれいに仕上がる!」と大人気のフェイスパウダーです。

イニスフリーのパウダーは全部で10種類あるので、

  • 違いは何?
  • 成分や効果の違いは?
  • 私の肌にはどのパウダーが合うの?

など、気になっている方も多いと思います。

今回は、イニスフリーのフェイスパウダー10種類の成分や効果、どんな肌に向いてるのかについて詳しくまとめてみました。

購入を検討中の方も、ぜひフェイスパウダー選びの参考にしてもらえると嬉しいです♪

それでは、さっそくいってみましょう!

イニスフリーパウダーの違いは?

イニスフリーのフェイスパウダーは、大きく分けると5種類に分かれます。

  • ノーセバムミネラル…皮脂やテカりが気になる
  • ノーセバムブラー…皮脂の他に毛穴や小じわが気になる
  • ノーゼバムミネラルカラー…肌の色をコントロールしたい
  • ノーゼバムモイスチャー…皮脂の他に乾燥も気になる
  • ボアブラー…毛穴の凹凸が気になる

ノーセバムミネラル、ノーセバムブラー、ボアブラーには、パクトタイプがあります。

ノーセバムミネラルカラーパウダーは、紫・ピンク・グリーンと3種類。

合わせて10種類になります。

一番人気は、お値段が安くて肌質を選ばずキレイに仕上がる「ノーセバムミネラルパウダー」です♪

イニスフリー公式ショップでは、

  1. ノーセバムミネラルパウダー
  2. ノーセバムブラーパウダー
  3. ノーセバムミネラルカラーパウダー

の順に人気。

楽天市場では、

  1. ノーセバムミネラルパウダー
  2. ノーセバムブラーパクト
  3. ノーセバムミネラルパクト

と、固形状のパクトがランクインしていました。

イニスフリーパウダーの違い:全10種類の効果&成分を比較

続いては、イニスフリーのフェイスパウダーを1つ1つチェックしていきますね(*^_^*)

イニスフリーのフェイスパウダーに共通しているのは、どのパウダーも

皮脂を抑える

肌をワントーン明るく見せてくれる

ところです。

イニスフリー・ノーセバムミネラルパウダー

ノーセバムミネラルパウダーは、お値段が安く使い勝手がいいので、一番人気があります。

皮脂吸着パウダーの

  • オクテニルコハク酸デンプンAl
  • (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー

と、ミネラル皮脂コントロールパウダーの

  • シリカ
  • マイカ

で、皮脂をしっかりブロックしてくれます。

イニスフリーのフェイスパウダーの中で、成分が一番シンプルなので、敏感肌の方も使いやすいと思います(*^_^*)

シリカオクテニルコハク酸デンプンAl、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、マイカ、メチコン、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル、ジメチコン、ミネラル塩、トコフェロール

※不使用成分

動物性原料、鉱物性油、パラベン、タルク、合成色素、合成香料、ポリアクリルアミド、イミダゾリジニルウレア、トリエタノールアミン、PEG系界面活性剤

イニスフリー・ノーセバムミネラルパクト

ノーセバムミネラルパクトは、持ち運び用として利用している方が多かったです。

ノーセバムミネラルパウダーと違うところは、固形タイプなのと、肌の水分と油分を整えてくれるミントエキスが配合されているところ。

マイカとシリカの配合量が多いので、一日中サラサラの肌をキープすることができます♪

マイカ、シリカ、ステアロイルオキシステアリン酸オクチルドデシル、ジメチコンケイ酸シリカ、スクワラン、オクテニルコハク酸デンプンAl、ミリスチン酸Mg、イソステアリン酸ソルビタン、メンタアルベンシス葉エキス、ミネラル塩、エチルヘキシルグリセリン、BG、カプリル酸グリセリル、メチコン、水、1,2-ヘキサンジオール、トコフェロール

※不使用成分

動物性原料、鉱物性油、タール色素、パラベン、タルク、合成香料、ポリアクリルアミド、イミダゾリジニルウレア、トリエタノールアミン、PEG系界面活性剤

イニスフリー・ノーセバムブラーパウダー(色つき)

イニスフリーのノーゼバムブラーパウダーは、皮脂を抑えるだけでなく

  • 毛穴をカバー
  • 小じわの凹凸をカバー
  • 肌色のむらを整える

というフェイスパウダーになっています。

色つきのパウダーで、透明感のある陶器肌に仕上げてくれます(*^_^*)

ノーゼバムブラーパウダーもミントエキス配合。

タルク、マイカ、シリカ、(エチレン/アクリル酸)コポリマー、ポリメタクリル酸メチル、窒化ホウ素、スクワラン、合成フルオロフロゴパイト、メンタアルベンシス葉エキス、チャ葉エキス、ミネラル塩、メチコン、ジメチコン、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル、BG、トリエトキシカプリリルシラン、水、1,2-ヘキサンジオール、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料、酸化チタン、酸化スズ、酸化鉄

イニスフリー・ノーセバムブラーパクト(色つき)

イニスフリーのノーゼバムブラーパクトは、ノーゼバムブラーパウダーとほぼ同じ成分で、同じように毛穴や小じわをかばーしてくれます。

結構しっかりしたベージュの色がつくので、

  • 下地にこれだけで十分
  • ミネラルパウダーより肌補正効果がある

と、肌がキレイに仕上がるようですね(*^_^*)

ノーゼバムブラーパウダーよりパクトのほうが、持ち運びがしやすいからか口コミ件数が多く、人気がありました。

タルク、マイカ、シリカ、窒化ホウ素、(エチレン/アクリル酸)コポリマー、スクワラン、ポリメタクリル酸メチル、ジ(カプリル/カプリン酸)BG、PEG-10ジメチコン、合成フルオロフロゴパイト、メンタアルベンシス葉エキス、チャ葉エキス、ミネラル塩、メチコン、ジメチコン、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル、BG、水酸化Al、酸化スズ、水、1,2-ヘキサンジオール、トリエトキシカプリリルシラン、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料、酸化チタン、酸化鉄

イニスフリー・ノーセバムミネラルカラーパウダー(バイオレット)

ノーセバムミネラルカラーパウダーのバイオレットは、

  • くすみが気になる
  • 肌の黄みが気になる

という方におすすめのカラーパウダーです。

「ノーマルのミネラルパウダーより顔色が明るくなった」

「すごく透明感がでる」

とカラーパウダーの中では一番人気でした。

シリカ、変性コーンスターチ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、メチコン、メンタアルベンシス葉エキス、チャ葉エキス、エチルヘキシルグリセリン、ミネラル塩、水、BG、1,2-ヘキサンジオール、(エチレン/アクリル酸)コポリマー、トコフェロール、デヒドロ酢酸、フェノキシエタノール、香料、酸化チタン、マイカ、マンガンバイオレット、酸化スズ

イニスフリー・ノーセバムミネラルカラーパウダー(グリーン)

ノーセバムミネラルカラーパウダーのグリーンは、

  • 肌全体の赤みが気になる
  • ニキビの赤みが気になる

という場合におすすめのフェイスパウダーです。

「ノーマルのミネラルパウダーより白くならず自然な仕上がり」

「グリーン色の主張がなくて顔色が悪くならない」

とバイオレット同様、肌をキレイに見せてくれるみたいです♪

シリカ、変性コーンスターチ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、メチコン、メンタアルベンシス葉エキス、チャ葉エキス、エチルヘキシルグリセリン、ミネラル塩、水、BG、1,2-ヘキサンジオール、(エチレン/アクリル酸)コポリマー、トコフェロール、デヒドロ酢酸、フェノキシエタノール、香料、酸化チタン、マイカ、酸化クロム、酸化スズ

イニスフリー・ノーセバムミネラルカラーパウダー(ピーチ・色つき)

ノーセバムミネラルカラーパウダーのピーチは、

  • 肌の血色が悪い
  • 肌に透明感がほしい

という場合におすすめのフェイスパウダーです。

「ノーマルのミネラルパウダーよりつやっぽく仕上がる」

と、他のパウダーはマット肌に仕上がるものが多いですが、ピンクはパール感があるので好きという声がありました。

シリカ、変性コーンスターチ、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、メチコン、メンタアルベンシス葉エキス、チャ葉エキス、エチルヘキシルグリセリン、ミネラル塩、水、BG、1,2-ヘキサンジオール、(エチレン/アクリル酸)コポリマー、トコフェロール、デヒドロ酢酸、フェノキシエタノール、香料、合成フルオロフロゴパイト、酸化チタン、酸化スズ、酸化鉄、マイカ

※パール剤

イニスフリー・ノーセバムモイスチャーパウダー(色つき)

ノーセバムモイスチャーパウダーは、皮脂も気になるけど、乾燥も気なる方におすすめのフェイスパウダーです。

「ノーマルのミネラルパウダーよりカサカサしない」

「ノーマルのミネラルパウダーよりツヤ感が出て良い」

「ほんのり肌色で白浮きしない」

「どんなファンデーションとも合う」

と、乾燥肌の方に人気でした。

また「夏場はノーマルにして、冬場はモイスチャーにしている」と季節によって使い分けている方も多かったです。

マイカオクテニルコハク酸デンプンAl合成フルオロフロゴパイト、窒化ホウ素、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ポリメタクリル酸メチル、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、ラウロイルリシン、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル、ミネラル塩、シリカ、トコフェロール

※パール剤

※不使用成分

動物性原料、鉱物性油、パラベン、タルク、合成色素、合成香料、ポリアクリルアミド、イミダゾリジニルウレア、トリエタノールアミン、PEG系界面活性剤

イニスフリー・ポアブラーパウダー

ポアブラーパウダーは、皮脂だけでなく

  • 毛穴
  • 毛穴の凹凸

をぼかして目立たなくしてくれるフェイスパウダーです。

ノンコメドジェニックテスト済みで、無添加成分も多く、とってもシンプルな成分でできています。

なので「毛穴が詰まりやすい」「ニキビができやすい」という場合にもおすすめです。

「ノーマルのミネラルパウダーより乾燥しない」

「メッシュネット容器で出しやすい」

と高評価で、一時期売り切れになってしまったそうで、まとめ買いしている方も多かったです。

シリカ、ポリメチルシルセスキオキサン、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル、トコフェロール

※不使用成分

動物性原料、鉱物性油、香料、ポリアクリルアミド、イミダゾリジニルウレア、トリエタノールアミン、合成色素、タルク

イニスフリー・ポアブラーパクト(色つき)

ポアブラーパクトは、ポアブラーパウダーと同じように、毛穴や毛穴の凹凸をぼかしてくれるパウダーです。

ですが、ピンクの色つきで、肌を明るく&血色良く見せてくれます。

「ほどよくカバーしてくれるので下地にこれだけでOK」

「ピンク色が心配だったけど、違和感なくなじむ」

と、ポアブラーパクトも高評価でした。

ただ「ノーセバムブラーパクトよりピンク味が強くて、浮いてしまった…」という声もありました。

タルク、マイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ポリメタクリル酸メチル、シリカ、(HDI/PPG/ポリカプロラクトン)クロスポリマー、フェニルトリメチコン、メンタアルベンシス葉エキス、ドクダミ、ステアロイルオキシステアリン酸オクチルドデシル、カプリル酸グリセリル、水、BG、1,2-ヘキサンジオール、ジメチコン、トリエトキシカプリリルシラン、メチコン、水添レシチン、カラミン、香料、酸化鉄

イニスフリーパウダーの違い:全10種類の値段と容量

続いては、イニスフリーパウダー10種類のお値段と容量です。

一番安いのは、ノーセバムミネラルパウダーとカラーパウダー、一番高いのはポアブラーシリーズでした。

容量が多いパウダーはお値段が高いですが、他ブランドのフェイスパウダーと比べると本当にプチプラです(*^_^*)

人気イニスフリーパウダー容量価格
No.1ノーセバム
ミネラルパウダー
5g825円
ノーセバム
ミネラルパクト
8.5g1,320円
No.2ノーセバム
ブラーパウダー
5g1,056円
ノーセバム
ブラーパクト
8.5g1,595円
No.3ノーセバムミネラル
カラーパウダー
5g825円
ノーセバム
モイスチャーパウダー
5g1,056円
ポアブラー
パウダー
11g1,980円
ポアブラー
パクト
12.5g1,980円
価格はすべて税込

イニスフリーには、公式サイトもありますが、楽天市場のイニスフリー公式ショップだと、おまけがたくさんもらえるようです(*^_^*)

時期によっておまけも違うので、リピする方がとっても多かったです。

なので、お得に購入したい!という場合は、楽天を利用することをおすすめします♪

→楽天イニスフリー公式ショップでパウダーをチェックする

Amazonにもイニスフリー公式ショップがあります。

Amazonプライムの方はぜひ♪

→Amazonイニスフリー公式ショップでパウダーをチェックする

また、イニスフリーノーセバムミネラルパウダーについては、2個セットで1,280円(税込)+送料無料というお店もあって、レビュー件数も一番多かったです。

イニスフリーパウダーの違い:おすすめはどれ?

「イニスフリーのパウダーを初めて使うよ!」という場合は、一番人気の「イニスフリーノーセバムミネラルパウダー」がおすすめです。

1分に25個売れてるそう(*^_^*)

イニスフリーノーセバムミネラルパウダーを使ってみて、

  • もっとカバー力がほしい…ノーセバムブラーパウダー
  • 赤みや黄みを補正したい…カラーパウダー
  • 乾燥が気になる…モイスチャーパウダー
  • 毛穴の凹凸も隠したい…ボアブラーシリーズ

と、2個目は肌悩みに合わせて選んでみても良いと思います♪

イニスフリーが肌に合うよ!という場合で「乾燥が気になる…」「赤みが気になる…」という方は、イニスフリーのグリーンティーラインと併用してみるのもいいですね。

イニスフリーグリーンティーはニキビや肌荒れに良い?成分は効果的?

イニスフリーパウダーの効果的な使い方

続いては、イニスフリーパウダーの使い方についてまとめてみました。

  1. テカりが気になる場合…ファンデーションの後になじませる
  2. 前髪のべたつきが気になる場合…おでこや髪の生え際に軽く乗せる
  3. チークやハイライトの前にパウダーを使用する…発色キープ、長時間キープ

イニスフリーのパウダーは、フェイスパウダーとしてだけでなく、前髪のべたつきを防いでくれるところがいいですよね(*^_^*)

また、チークやハイライトをキレイに発色させてくれる作用も。

本当にいろいろな使い方があります。

イニスフリーパウダーの違いは?まとめ

イニスフリーのパウダーは、10代から50代の方まで幅広い層の方が愛用していて、さすがに人気のパウダーだなと思いました(*^_^*)

一番人気の「イニスフリーノーセバムミネラルパウダー」は1,000円以下なので、1個持っておくと本当に便利だと思います。

以上、イニスフリーのパウダー10種類の成分や効果比較でした!

フェイスパウダー選びの参考になれば幸いです♪

◆関連記事◆

イニスフリーレチノールシカの使い方と順番は?気を付けるべき注意点!

ティルティルクッションファンデの違いは?赤・ピンク・黒どれがいい?

クッションファンデが向かない人の特徴|毛穴が目立つ…解決法はある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!