ももぷり化粧水どっちがいい?ニキビが悪化した?効果と成分を比較!

ももぷり化粧水どっちがいい?ニキビが悪化した?効果と成分を比較!

ももぷりの化粧水は、可愛いデザインでプチプラなのに、配合されている保湿成分が豪華なので、とっても人気がある化粧水です。

ももぷりの化粧水はさっぱりタイプとしっとりタイプがあるのですが、

  • どっちがいいの?
  • ニキビが悪化するって本当?
  • どんな効果が期待できるの?

など気になっている方も多いと思います。

今回は、ももぷり化粧水のさっぱりタイプとしっとりタイプの違いについて詳しくまとめてみました。

購入を検討している方は、ぜひぜひ参考にしてくださいね!

目次

ももぷり化粧水どっちがいい?

ももぷり化粧水のさっぱりタイプとしっとりタイプは、テクスチャーだけでなく、成分にも違いがあります

共通成分は、

  • 3種類のヒト型セラミド
  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンE誘導体
  • ビタミンA誘導体
  • ヒアルロン酸
  • 桃果汁・葉エキス(桃セラミド)
  • 乳酸菌

と、とっても豪華です。

セラミドは肌のバリア機能をサポートしてくれるし、ビタミンCは毛穴ケア、ビタミンE・Aは肌にとっても良い保湿成分です。

また、ヒアルロン酸や肌バランスを整えてくれる乳酸菌まで配合されています♪

続いては、さっぱりタイプとしっとりタイプの成分の違いについてチェックしていきますね。

ももぷり化粧水さっぱりタイプの特徴

ももぷり化粧水のさっぱりタイプは、

  • エタノール不使用
  • パラベン不使用

ということで、個人的な意見としては、しっとりタイプより安心して使用できる化粧水になっています。

肌がゆらぎがち…肌荒れしがち…という場合は、さっぱりタイプからお試ししてみてもよいと思います。

ももぷり化粧水さっぱりタイプの全成分はこちらです。

水、DPG、グリセリン、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、アルギニン、グルコース、コーン油、セラミドAP、セラミドNG、セラミドNPテトラヘキシルデカン酸アスコルビルトコフェロールパルミチン酸レチノール、ヒアルロン酸Na、ベルガモット果実エキス、モモ果汁、モモ葉エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、乳酸桿菌、BG、PPG-13デシルテトラデセス-24、クエン酸、クエン酸Na、タマリンドガム、フィチン酸、マルトデキストリン、酸化銀、香料

ももぷり化粧水しっとりタイプの特徴

一方、ももぷり化粧水しっとりタイプは、

  • グリセリンの次に高い保湿力があるBGが配合されている
  • エタノール(アルコール)が入っている
  • 防腐剤(フェノキシエタノール・メチルパラベン)が入っている

とさっぱりタイプより保湿力はありますが、エタノールと防腐剤が配合されています。

エタノールは肌を引き締めてくれる成分ですし、防腐剤は化粧品の品質を保つ成分なので、決して悪い成分ではないのですが、気になる方は控えたほうが良いです。

ももぷりしっとりタイプの全成分はこちらです。

水、BG、DPG、グリセリン、PEG-8、エタノール、コーン油、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、セラミドAP、セラミドNG、セラミドNPテトラヘキシルデカン酸アスコルビルトコフェロールパルミチン酸レチノール、ヒアルロン酸Na、ベルガモット果実エキス、モモ果汁、モモ葉エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、乳酸桿菌、PPG-13デシルテトラデセス-24、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na、マルトデキストリン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

ももぷり化粧水どっちがいい?ニキビが悪化した?

ももぷりの化粧水は医薬部外品ではないので、肌荒れ防止やニキビ防止成分は配合されていません

なので、ニキビケアをしたい!という場合は、ももぷり化粧水は向いていません。

SNS上では…

という声がありました。

なので、脂性肌の方でニキビができやすい場合は、保湿力が高いのでニキビができやすくなる可能性も…。

また、しっとりタイプはエタノールが配合されているので、できてしまったにニキビにしみるなど刺激を感じてしまう可能性もあります。

ニキビができやすいけれど、ももぷり化粧水を使いたい!という場合は「さっぱりタイプ」がおすすめです♪

\エタノール・油分不使用の医薬部外品ニキビケアコスメ/

オルビスクリアフル口コミ|ニキビへの効果はある?使ってみた感想

ももぷり化粧水どっちがいい?口コミや効果はどう?

ただ、ももぷり化粧水は、

  • 肌のバリア機能をサポートするセラミド
  • 肌に良いビタミンC・E・A
  • 肌バランスを整える乳酸菌

が入っています。

なので、肌の保水力がアップして肌の水分と油分のバランスが整うことで、ニキビができにくくなったという声もあります。

それから、やっぱり「桃の香り」に癒されている方が圧倒的に多かったです(*^_^*)

また、使用感が良くて感動するという声もありました。

ももぷり化粧水どっちがいい?のまとめ

ももぷり化粧水のしっとりタイプは、本音で評価する雑誌「LDK」でベストバイ化粧水、化粧水部門1位に選ばれた化粧水です。

個人的な意見ですが、ももぷり化粧水は、成分的に10代や20代の方だけでなく、30代や40代の方も使える肌に良い成分たっぷりの化粧水だなと思いました(*^_^*)

ももぷり化粧水のお値段は、さっぱりタイプもしっとりタイプも200mlで990円(税込)

ももぷりには美容液や乳液、保湿クリームもあって、

容量価格
美容液35g1,100円
乳液150ml990円
クリーム80g1,320円
価格はすべて税込

と、どのアイテムもプチプラなので、化粧水がお肌に合えば、ライン使いしても良いですね(*^_^*)

以上、ももぷり化粧水のご紹介でした。

ぜひ、お買い物ついでにドラッグストアでチェックしてみてくださいね!

楽天では800円台で販売しているショップもあるので、いつも楽天やAmazonを利用しているよ!という場合はぜひ♪

◆関連記事◆

ミズシナジーの成分は?化粧水が神って本当?口コミ・評判はどう?

ネイチャーコンク拭き取り化粧水どっちがいい?成分や効果の違いは?

美顔水のデメリット|痛い?しみる?ニキビに効果はある?成分解析

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次