ケシミンとメラノCC比較|どっちがいい?成分や口コミ評判はどう?

ケシミンとメラノCC比較|どっちがいい?成分や口コミ評判はどう?

ケシミンとメラノCCは、どちらもプチプラなのに医薬部外品なので、とっても人気があります。

どちらもシミ予防の化粧品ですが、

  • ケシミンとメラノCCってどっちがいいの?
  • 成分の違いは?
  • 口コミや評判はどう?

など、どちらにしようか迷っている方も多いと思います。

今回は、ケシミンとメラノCCについて詳しくまとめてみました。

ぜひ、化粧品選びの参考にしてもらえると嬉しいです♪

ケシミンとメラノCC比較|どっちがいい?

ケシミンとメラノCCはどちらもシミ予防※ができる化粧品です。

※メラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

ケシミンもメラノCCも、化粧水からクリームまでそろっていますが、全て医薬部外品なのがすごいです。

ケシミンとメラノCCの違うところは…

  • 有効成分のビタミンC誘導体の種類が違う
  • ケシミンは、シミ予防だけでなく、肌荒れケアができる
  • メラノCCは、シミ予防だけでなく、肌荒れ・ニキビケアができる

という点かなと思います。

ビタミンC誘導体の種類が違う

ケシミンのビタミンC誘導体は「L-アスコルビン酸2-グルコシド」。

安定性と持続性に優れたビタミンC誘導体で、肌に長くとどまってサポートしてくれる感じです。

一方、メラノCCのビタミンC誘導体は、アイテムによって異なります。

  • 化粧水…3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)
  • 美容液…ビタミンC
  • クリーム…L-アスコルビン酸2-グルコシド

となっています。

3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)は、速攻性のあるビタミンC誘導体で、皮脂抑制効果もあります。

ただ、濃度が高いと肌がカサつくこともあるので、乾燥が気になる場合は、しっかり保湿することが大切です。

ケシミンはシミ予防をしたい方におすすめ

ケシミンは、シミが気になる…という方、肌荒れが気になる…という方におすすめです。

また、ケシミンに配合されているL-アスコルビン酸2-グルコシドは、敏感肌用コスメや自然派コスメに配合されていることが多いです。

なので、低刺激なビタミンC誘導体なので、どちらかというと、肌がゆらぎがち…肌が乾燥しやすい…という方にも良いと思います。

メラノCCはシミ予防・ニキビケアをしたい方におすすめ

メラノCCも、シミ予防に効果的ですが、ニキビを防ぐ殺菌作用のある成分も配合されているので、ニキビケアにもおすすめです。

また、メラノCCに配合されている3-O-エチルアスコルビン酸は、皮脂抑制効果も期待できます。

なので、どちらかというと脂性肌、テカりが気になる方、毛穴が気になる方におすすめです。

メラノCCを使ってみて乾燥が気になるようであれば、ケシミンにしてみても良いかなと思います。

ケシミンとメラノCC比較|成分の違いは?

続いては、ケシミンとメラノCCの成分の違いについてです。

ケシミンとメラノCC化粧水の違い

ケシミンの化粧水は、

  • ふきとり化粧水(プレ化粧水)
  • 化粧水(さっぱり)
  • 化粧水(しっとり)
  • 化粧水(とてもしっとり)

と4種類あります。

医薬部外品としての有効成分は、

  • L-アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)
  • グリチルリチン酸2K(肌荒れ防止)

になります。

他には、プルーン分解物やサクラ葉抽出液などの保湿成分でクリアな肌印象に。

一方、メラノCCの化粧水は、

  • さっぱりタイプ
  • しっとり高保湿タイプ

の2種類あります。

医薬部外品としての有効成分は、

  • 3-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(肌荒れ防止)

になります。

グレープフルーツエキスやレモンエキスが配合されていて、古い角質をケアする作用も。

柑橘系の香りが気に入っているという声もありました。

メラノCCの化粧水の成分については「メラノCC化粧水でニキビが悪化した?肌荒れしたのは成分が原因!?」で詳しくまとめています。

ケシミンとメラノCC美容液の違い

続いては、ケシミンとメラノCCの美容液の成分についてです。

ケシミンの美容液は1種類。

有効成分は、

  • L-アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)
  • グリチルリチン酸2K(肌荒れ防止)
  • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)

と、血行を良くするビタミンE誘導体がプラスされています。

肌のターンオーバーをサポートしてくれる感じですね(*^_^*)

一方、メラノCCの美容液は2

  • 通常タイプ
  • プレミアムタイプ

と2種類あります。

通常タイプの有効成分は、

  • アスコルビン酸(ビタミンC)
  • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(肌荒れ防止)
  • イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)

で、殺菌成分が配合されているところがケシミンとの違いです。

プレミアムタイプの有効成分は、

  • アスコルビン酸(ビタミンC)
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
  • アラントイン(肌荒れ防止)
  • イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)

となっています。

メラノCCの美容液については「メラノCC美容液とプレミアムの違いは?どっちがおすすめ?成分比較」で実際に使ってみた感想もまとめていますので、参考にしてもらえると嬉しいです♪

ケシミンとメラノCCクリームの違い

続いては、ケシミンとメラノCCのクリームについてです。

ケシミンには

  • ケシミンクリーム
  • ケシミンクリームEX

の2種類あります。

ケシミンクリームの有効成分は、ケシミン美容液と同じで

  • L-アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)
  • グリチルリチン酸2K(肌荒れ防止)
  • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)

となっています。

ケシミンクリームEXは、

  • L-アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)
  • アルブチン(メラニン抑制)
  • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)

と肌荒れ防止成分のかわりに、メラニンを抑えてくれる「アルブチン」が配合されています。

シミ予防重視!という場合は、ケシミンクリームEXがおすすめです。

一方、メラノCCの保湿クリームは、

  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ

の2種類の保湿クリームがあります。

クリームタイプは、

  • L-アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)
  • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(肌荒れ防止)
  • イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)

と、ケシミンクリームの有効成分に殺菌成分がプラスされた感じです。

ジェルタイプは、

  • L-アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)
  • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(肌荒れ防止)

と美白※ケア重視の有効成分になっています。

※メラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

ジェルタイプは、さっぱりした使用感なので、クリームはべたつきそうで苦手…という場合は、とってもおすすめです。

メラノCCのクリームとジェルについては「メラノCCのジェルとクリームどっちが効果ある?順番や使い方も解説」に実際に使ってみた感想とともにまとめてみたので、良かったらチェックしてみてくださいね。

ケシミンシリーズについてもっと詳しくチェックしたい場合は「ケシミンクリームでシミは消える?EXとの違い&化粧水/美容液の成分も解説」にまとめてみましたので、参考にしてください♪

ケシミンとメラノCC比較|口コミ評判はどう?

続いては、ケシミンとメラノCCの口コミや評判についてまとめてみました。

ケシミンの口コミ・評判

ケシミンは、お手頃価格ということもあって、ライン使いする方、ボディに使用している方が多い印象でした。

ケシミンの化粧水(とてもしっとり高保湿タイプ)は、本音で評価する雑誌「LDK」で「ベストバイ化粧水」として紹介されていました(*^_^*)

それから、意外に多かったのが「シミが消えないとがっかりしたけれど、リピートしている」という声です。

  • シミが増えないところがいい
  • 肌にハリがでてきた
  • 肌の調子が良くなった

など、シミ予防だけではなく他の嬉しい変化も感じられるのがケシミンに人気がある理由かなと思います。

メラノCCの口コミ・評判

続いては、メラノCCの口コミや評判です。

メラノCCはライン使いしている方もいらっしゃいましたが、他の化粧品に単品で取り入れている方のほうが多い印象でした。

意外に多かったのが「メラノCCのシートマスクを愛用している」という声でした。

マツキヨ限定バージョンは、20枚入りと30枚入りがあって、Amazonや楽天にもありました。

気になる方はぜひ♪

メラノCCシリーズの中で、一番人気は美容液のプレミアムタイプ。

オイルのようなテクスチャーですが、べたつきにくいので毎日使いやすいです♪

メラノCCのジェルタイプは、柑橘系の香りがしますが、控えめでさわやかな香り。

たっぷり使えるところも高ポイントです。

ケシミンとメラノCC比較|値段と容量について

続いては、ケシミンとメラノCCのお値段と容量についてです。

◆ケシミンシリーズのお値段と容量

ケシミン容量価格
化粧水160ml1,005円~
1,063円
美容液30ml1,189円
クリーム30g1,738円
クリームEX12g1,658円
価格はすべて税込
オープン価格のため楽天市場を参考

◆メラノCCシリーズのお値段と容量

ケシミン容量価格
化粧水170ml990円
美容液(通常)20ml1,210円
美容液(プレミアム)20ml1,628円
クリーム23g1,210円
ジェル100g1,210円
価格はすべて税込
オープン価格のため楽天市場を参考

お値段はどちらもプチプラですが、メラノCCのほうが少しだけ安い感じです♪

ケシミンとメラノCC比較|まとめ

ケシミンはクリームが人気で、メラノCCは美容液が人気という印象でした。

なので、

  • ケシミンはクリームから取り入れてみる
  • メラノCCは美容液から取り入れてみる

と、まずは、手持ちの化粧品と併用してみるのが良いのかなと思います。

どちらもシミ予防化粧品としては、お手頃価格なので、気軽にお試しできるところが高ポイントです♪

以上、ケシミンとメラノCCの成分や口コミについてでした。

ぜひ、化粧品選びの参考にしてもらえると嬉しいです(*^_^*)

◆関連記事◆

極潤と白潤どっちが人気?違いは何?化粧水全6種類の成分を比較!

ダーマレーザーVC100の使い方!化粧水とマスクの効果と成分【体験談】

カナデルでシミは消える!?プレミアホワイトを使ってみた効果と感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!