アイオペ(IOPE)ビタミンC23の使い方と順番は?朝はNG?成分も解説

アイオペ(IOPE)ビタミンC23の使い方と順番は?朝はNG?成分も解説

アイオペ(IOPE)のビタミンC23アンプルは、アイオペのアイテムの中でもとっても人気です。

高濃度のビタミンC美容液なので、

  • ビタミンC23アンプルの使い方や順番は?
  • 使う時に注意することは?
  • 成分を詳しくチェックしたい

と、気になっている方も多いと思います。

今回は、アイオペ(IOPE)ビタミンC23アンプルの使い方や注意点、成分について詳しくまとめてみました。

「高濃度ビタミンCだから心配…」と購入を検討している方もぜひ参考にしてくださいね。

それでは、さっそくいってみましょう♪

アイオペ(IOPE)ビタミンC23の使い方と順番は?

アイオペのビタミンC23アンプルは、

洗顔→化粧水→アイオペビタミンC23アンプル→乳液や保湿クリーム

の順番で一般的な美容液と同じように使用します。

アイオペビタミンC23アンプルの使い方は、

  1. 容器を閉めた状態で軽く左右に1~2回振る
  2. 片頬に3滴ずつ、計6滴を頬骨当たりにつける
  3. 頬→おでこ→顎の順に、内側から外側にクルクルとマッサージしながらなじませる
  4. 目元のCゾーンやたるみが気になるフェイスラインを優しく引き上げるようになじませる
  5. 指で吸い付くような感覚があれば、なじんだサイン
  6. その後乳液や保湿クリームを顔の中心から外側に向かってなじませる

となっています。

アイオペビタミンC23アンプルは水性部分と油性部分の2層になっているので、使用前は忘れずに振ったほうが良いです。

また、2層になっているのは、ビタミンCの酸化と変色を防ぐためだそう。

アイオペ(IOPE)ビタミンC23は朝は使えない?注意点は?

続いては、アイオペのビタミンC23アンプルを使う前の注意点です。

アイオペ公式には、

  • 未開封でも冷蔵保存する
  • 開封後は2ヶ月以内使いきる

とあって、他の注意点はありませんでした。

高濃度ビタミンC美容液の場合は、

「ピーリング成分(AHA,、BHAなど)は一緒に使わない」

「レチノールとの併用は避ける」

などの注意点があります。

「高濃度なのに大丈夫?」と思って、Qoo10のQ&Aをチェックしてみたら、

  1. ピーリング成分は併用してもOKだけれど、敏感肌の場合は、チクチクすることもあるので、隔日で使用しながら様子をみる
  2. 美容クリニックでピーリングやレーザー治療を受けている場合は、使用しない
  3. 夜のみの使用をおすすめしている
  4. 朝に使用する場合は、日焼け止め必須
  5. レチノールとの併用は避ける

とありました。

なので、夜のみ使用したほうが安全です。

それから、ビタミンCはレチノールとの相性があまり良くないといわれているので、高濃度のレチノール化粧品との併用は控えたほうが良いかなとも思います。

アイオペ(IOPE)ビタミンC23の成分

続いては、アイオペのビタミンC23アンプルの成分についてまとめてみました。

アイオペのビタミンC23アンプルのビタミンC成分は、

  • アスコルビン酸(ビタミンC)
  • アスコルビル酸エチルエーテル(ビタミンC誘導体)

となっています。

他には、

  • パンテノール(肌荒れケア)
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンE
  • ナイアシンアミド
  • アミノ酸
  • β-カロテン(ビタミンA)

といった保湿成分も配合されています。

ナイアシンアミドは、ビタミンBの一種。

医薬部外品の有効成分で配合される場合は、シワ改善やシミ予防効果が期待できる成分。

アミノ酸は、肌になじみやすい保湿成分です。

また、β-カロテンは、プロレチノールと呼ばれる成分で、体に入るとビタミンAに転換されるそう。

なので、レチノール成分ではないので、一緒に配合されていても大丈夫とのこと。

配合量的にも微量なので、そんなに気にしなくてもいい成分かなと思います。

こちらが、アイオペビタミンC23アンプルの全成分です。

精製水、 アスコルビン酸、 プロパンジオール、ジメチコン、トロメタミン、パンテノールアスコルビル酸エチルエーテル、スクワラン、カフェイン、塩化Na、ヒアルロン酸Na、香料、アデノシン、 亜硫酸Na、 EDTA-2Na、 グルタチオン、 アセチルグルコサミン、クチナシ果実エキス、 リモネン、デキストリン、ブチルフェニルメチルプロピオナール、 ヒマワリ種子油、BG、トコフェロール、アルギニン、メチルトリメチコン、ナイアシンアミド、ペンチレングリコール、ベニバナ種子油、ツバキ種子油、 クエン酸Na、変性アルコール、ニンジン根エキス、カンゾウ根エキスβ-カロチン

※ビタミンC成分

※肌荒れケア保湿成分

※ビタミンE・B・A成分

アイオペ(IOPE)ビタミンC23の使い方と順番まとめ

アイオペの販売元はアモーレパシフィック。

アモーレパシフィックは、韓国では「日本の資生堂」のような位置にいる化粧品メーカーだそう。

なので、アイオペも韓国で知らない女性はほとんどいない化粧品。

アイオペは、以前クッションファンデが日本で話題になって、それから広く知られるようになって愛用している方も多いです(*^_^*)

アイオペのビタミンC23アンプルの口コミには、

  • 毛穴に良かった
  • 効果抜群
  • なくてはならないもの

という声があって、何本もリピートしている方が多かったです(*^_^*)

楽天やQoo10にIOPE公式ショップがあるので、もっと詳しく知りたい!という場合はチェックしてみてくださいね。

◆関連記事◆

韓国ビタミンC美容液おすすめ8選!人気で成分がお得なのはどれ?

COSRX(コスアールエックス)ビタミンC23の使い方|併用NG成分はある?

ケシミンとメラノCC比較|どっちがいい?成分や口コミ評判はどう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!