シカクリーム日本製と韓国製の違いは何?おすすめ4種類の成分比較!

シカクリーム日本製と韓国製の違いは何?おすすめ4種類の成分比較!

韓国コスメブームで話題のシカクリームですが、韓国製だけでなく日本製もたくさん販売されるようになってきました。

シカクリームはとっても人気ですが、

  • 日本製と韓国製に違いはあるの?
  • 日本製でおすすめのシカクリームは?
  • 韓国製で人気のシカクリームは?

など、気になっている方も多いと思います。

今回は、日本製と韓国製のシカクリームの違いや日本製と韓国製の人気のシカクリームについてまとめてみました。

「シカクリームを使ってみたいけれど…」と購入を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、さっそくいってみましょう!

シカクリーム日本製と韓国製の違いは何?

シカクリームの日本製と韓国製の違いは、

日本製のシカクリームは、

  • 無添加成分が多い
  • 日本由来の成分が配合
  • 配合成分がシンプル
  • 日本の法律に基づいて製造されている

という特徴があります。

一方、韓国製のシカクリームは、

  • 韓国コスメブームで人気がある
  • たくさんの保湿・美容成分が配合されている
  • 韓国の法律に基づいて製造されている
  • 気になる成分が配合されていることがある

という特徴があります。

韓国は美容大国なので、安全性よりも「効果」を重視した化粧品が多いです。

また、韓国の女性は、美意識が高く化粧品にも詳しいので「できるだけ安く、できるだけ美容成分をたくさんいれた化粧品」が人気だそう。

なので、韓国製のシカクリームにも、シカ成分の他にたくさんの美容・保湿成分が詰め込まれている感じです。

シカクリーム日本製と韓国製おすすめ4種類の成分と特徴

続いては、楽天やAmazonでレビュー件数が多く、口コミ評価が良いシカクリームを4種類ピックアップしてみました。

ピックアップしたのは、

  • 北海道シカクリーム(日本製)
  • シカメソッドクリーム(日本製)
  • Dr.Jart+シカぺアクリーム(韓国製)
  • VTシカクリーム(韓国製)

の4種類です。

idio(イディオ)北海道シカクリーム【日本製】

イディオ北海道シカクリームは、楽天でもレビュー件数1位の日本製シカクリームです。

ツボクサエキス(シカ成分)とヒト脂肪細胞順化培養液エキス配合の保湿クリームなので、エイジングケアにも良いと思います(*^_^*)

イディオのシカシリーズには、化粧水やクレンジングバーム、BBクリームなどがあるので、ライン使いしている方がとっても多かったです。

Amazonではジャータイプ、楽天では新しく登場したチューブタイプが販売されていました。

ジャータイプは55g、チューブタイプは50gとなっていてお値段は同じです。

ジャータイプのほうがちょっとだけお得です(*^_^*)

水、オクチルドデカノール、BG、グリセリン、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリコール、ステアリン酸グリセリル(SE)、ツボクサエキス、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ビンセトキシクムアトラツム根エキス、マデカッソシド、グリチルリチン酸2K、レパゲルマニウム、ダイズ油、(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル、オリーブ果実油、ワサビ葉エキス、プラセンタエキス、グルコシルヘスペリジン、キサンタンガム、グリセリルグルコシド、ミツロウ、マンゴー種子脂、マルトデキストリン、トレハロース、ステアリン酸、ペンチレングリコール、1,2-ヘキサンジオール、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、アルギニン、カプリリルグリコール、ポリソルベート60、トロポロン、トコフェロール、カルボマー、カプリル酸グリセリル、エチルヘキシルグリセリン

コジットシカメソッドクリーム【日本製】

コジットシカメソッドクリームは、医薬部外品のシカクリームです。

有効成分は、肌荒れ防止成分「グリチルリチン酸ステアリル」。

医薬部外品なのにお値段もお手頃価格。

口コミ件数は少ないですが

「もう何本もリピートしている」

「ニキビができにくくなった」

と高評価のシカクリームでした(*^_^*)

【医薬部外品としての有効成分】

グリチルレチン酸ステアリル

【その他の成分】

精製水、1,2-ヘキサンジオール・1,2-オクタンジオール混合物、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、アラキルグルコシド・アラキルアルコール・ベヘニルアルコール、イノシット、カルボキシビニルポリマー、グリセリンモノ2-エチルへキシルエーテル、サクラ葉抽出液、シア脂、 自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、シソエキス(1)、親油型モノステアリン酸グリセリル、水酸化カリウム、ステアリン酸、ツボクサエキス、天然ビタミンE、ドクダミエキス、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、濃グリセリン、ベヘニルアルコール、メチルポリシロキサン、ヨクイニンエキス、香料

Dr.Jart+シカペアクリーム【韓国製】

Dr.Jart+(ドクタージャルト)のシカぺアクリームは、一番最初に日本で話題になったシカクリームです。

ツボクサから抽出されたマデカソサイド(シカ成分)配合。

ツタの粘着成分が配合されているので、ねっとりしたクリームがしっかり保湿してくれる感じです。

口コミレビュー件数はとっても多いのですが、植物由来の保湿成分がたくさん入っているので、肌に合わない方もごく少数ですがいらっしゃいました。

精製水、ブチルレングルグリコール、プロパンジオール、シーサイドにリンゴカルス培養ろ過水、カプリルリック/カプリントリグリセリド、セテアリルアルコール、ハイドロジェネイテッドポリ(C6-14オレフィン)、セチルエチルヘキサノエイト、ポリグリセリル-3メチルグルコースダイステアレート、シアバター、ナイアシンアミド、ビニールダイメジメチコン、クイーンズランド州ナッツオイル、グリセリルステアレート、ペンチルレングルグリコール、西洋ノコギリソウ油、ヤクモミルエキス、救い主アゲハチョウガシナムイプエキス、1,2-ヘキサンジオール、ハイドロジェネイテッド植物油、西洋松嶽エキス、ストレプトコエックステル毛筆ルース発酵物、ラベンダー油、ベルガモット油、インドのセンダン葉エキス、インドのセンダンの花エキス、ボトル葉エキス、子供備考・デ・果実エキス、カボチャパウダー、種類果実エキス、ウコン根エキス、ホーリーバジルの葉エキス、真のサンゴ末エキス、ドラムスティック種子油、ビョンプルエキス、ダイヤイソステアリル言葉レート、リーメチルシルセスキクウィオク歳、ビーズワックス、セテリルオリゴベイト、ソルビエタノールリベート、マデイラサンティ・サイド、ヒドロキシエチルアクリレート/ナトリウムアクリジメチルタウレートコポリマー、ヒドロキシアセトフェノン、パルミチン酸、ステアリック酸ナトリウム、ポリアクリジメチルタウレート、ハイドロジェネイテッドポリデセン、トロメタミン、DNAの、アデノシン、ソルビタンアイソステアレート、アジアティコサイド、トリデセス-10、パンテノール、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、カルシウムクロライド、硫酸マグネシウム、アジアティック酸、マデイラカシク酸、カルボマー、キサンタンガム、ダイナトリウムがディティエイ、キャラメル

VTコスメティクスシカクリーム【韓国製】

VTコスメティクスは、シカシートマスクが人気の韓国コスメブランドです。

シカクリームももちろん人気で、ツボクサエキスを含め4種類のシカ成分が配合されています。

ジェル状のみずみずしいクリームですが、しっかり保湿してくれると高評価でした(*^_^*)

水、グリセリン、BG、ジメチコン、PEG-8(カプリル/カプリン酸)グリセリル、アシアチコシド、アシアチン酸ツボクサエキスマデカッソシドマデカシン酸、プロポリスエキス、パンテノール、β-グルカン、セラミドNP、水添レシチン、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、ヨモギ葉エキス、クスノキ葉エキス、スベリヒユエキス、エチルヘキサン酸セチル、オリーブ油脂肪酸セテアリル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、トロメタミン、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、ミツロウ、メリアアザジラクタ葉エキス、エタノール、メリアアザジラクタ花エキス、カカオエキス、ヒアルロン酸Na、デキストリン、オキシベンゾン-5、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、クロルフェネシン、カプリリルグリコール、エチルヘキシルグリセリン、1,2-ヘキサンジオール、香料

シカクリーム日本製と韓国製の違い:値段と容量

続いては、日本製と韓国製シカクリームのお値段と容量です。

シカクリーム容量価格
idio(イディオ)
北海道シカクリーム
50g/55g3,280円
コジット
シカメソッドクリーム
50g1,484円
Dr.Jart+
シカペアクリーム
50ml2,850円
4,730円
VTコスメティクス
シカクリーム
50ml2,730円
価格はすべて税込

Dr.Jart+(ドクタージャルト)のシカペアクリームは、楽天市場の公式ショップは4,730円(税込)でしたが、Amazonは2,850円(税込)でした。

Dr.Jart+の楽天公式ショップでは韓国から輸送されているので、送料のお値段がプラスされているのかなと思います。

シカクリーム日本製と韓国製の違い:まとめ

日本製のシカクリームは、韓国コスメのシカブームで、後から販売されたものが多いです。

なので

「韓国製シカクリームから日本製シカクリームに切り替えた」

「日本製シカクリームがあるなんて知らなかった」

という声が多かったです。

韓国製にちょっと抵抗がある…という場合は、日本製のシカクリームがおすすめです。

ただ、韓国製のシカクリームも使用感が良かったり人気があったりするので、いろいろお試しされてみても良いのかなと思います(*^_^*)

最近はシカ配合のクレンジングバームも話題になっていますね♪

シカクレンジングバーム口コミ|ドンキが安くて人気?おすすめ5選!

以上、日本製シカクリームと韓国製シカクリームの違いと、おすすめのシカクリームのご紹介でした!

ぜひ、保湿クリーム選びの参考にしてもらえると嬉しいです。

\楽天で人気♪日本製シカクリーム/

◆関連記事◆

ガラクトミセス韓国コスメは危険なの?SK2ピテラと違うって本当?

VTシカマスク・カプセルマスクの使い方は?全7種類の成分も比較!

イニスフリーレチノールシカの使い方と順番は?気を付けるべき注意点!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!