毛穴撫子の洗顔はどっちが毛穴に効果的?重曹泡とスクラブの違いは?

毛穴撫子の洗顔はどっちが毛穴に効果的?重曹泡とスクラブの違いは?

毛穴撫子の洗顔料は、泡タイプの洗顔フォームとスクラブタイプの洗顔パウダーがあります。

どちらも毛穴ケアができる重曹入りの洗顔料なのですが、

  • 洗顔フォームとスクラブどっちがいいの?
  • 毛穴に効果があるのはどっち?
  • 成分に違いはあるの?

などなど、どちらにしようか迷っている方も多いと思います。

今回は、毛穴撫子の洗顔料について、効果や使い方、成分の違いについて詳しくまとめてみました。

ぜひ、洗顔料選びの参考にしてもらえると嬉しいです!

それでは、さっそくいってみましょう。

目次

毛穴撫子の洗顔はどっち:効果の違い

まずは、毛穴撫子の洗顔料の効果についてです。

どちらも、重曹の力で毛穴や古い角質をキレイにしてくれますが、毛穴の悩みによって選ぶと効果的です。

毛穴撫子重曹泡洗顔の効果

毛穴撫子の重曹泡洗顔は、乾燥が原因の毛穴の悩みに効果的です。

  • 乾燥によるブツブツ毛穴
  • 乾燥による凸凹毛穴
  • 洗浄力の強い洗顔料を使うと乾燥する

という場合は、重曹泡洗顔がおすすめです。

保湿成分がたっぷり配合されているので、毛穴の汚れを取りつつ、乾燥で凹凸になった肌をなめらかにしてくれます。

毛穴撫子重曹スクラブ洗顔の効果

毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔は、

  • 毛穴の角栓がつまりやすい
  • 毛穴の汚れによる黒ずみが気になる
  • 古い角質や肌のごわつきが気になる
  • 毛穴に皮脂がたまりやすくテカる

という場合におすすめです。

保湿成分は配合されていないので、洗顔後は保湿力のある化粧水でケアする必要があります。

重曹スクラブ洗顔は、週1回のスペシャルケアとして使用している方も多かったです。

毛穴撫子の洗顔はどっち:使い方の違い

続いては、毛穴撫子洗顔料の使い方の違いです。

毛穴撫子重曹泡洗顔の使い方

毛穴撫子の泡タイプの洗顔料は、普通の洗顔フォームと同じで、

  1. 適量を手に取る
  2. 泡立てネット等でよく泡立てる
  3. 泡でマッサージするように洗う
  4. すすぐときは、肌をこすらないように洗い流す
  5. 冷水で肌を引き締める

という感じです。

泡立ちが良いとの声があるので、少量使いでもOKだと思います。

毛穴撫子重曹スクラブ洗顔の使い方

続いては、毛穴撫子のスクラブ洗顔の使い方です。

  1. 適量を手に取る
  2. お湯を加えて軽く泡立てる(泡立てネットは必要なし)
  3. マッサージするように肌を洗う
  4. 毛穴の気になる部分は入念にマッサージする
  5. 洗い流して、最後は冷水で肌を引き締める

毛穴撫子のスクラブ洗顔は、重曹がスクラブになっていて、泡が立ちにくい洗顔料になっています

なので、泡立てネットで泡立てると、重曹が溶けてなくなってしまう可能性が…。

軽く泡立てて、重曹を残したまま洗顔します。

毛穴撫子の洗顔はどっち:成分の違い

続いては、毛穴撫子の重曹泡洗顔と重曹スクラブ洗顔の成分の違いについてです。

毛穴撫子重曹泡洗顔の成分

毛穴撫子の重曹泡洗顔は、洗顔フォーム成分に重曹と保湿成分をプラスした感じです。

なので、重曹の配合率は少なめです。

保湿成分は、

  • トレハロース
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

で、ヒアルロン酸とコラーゲンは低分子化したものなので、肌にうるおいを残してくれる感じになっています。

全成分はこちらです。

水、グリセリン、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ミリスチン酸、ステアリン酸、グリコシルトレハロース、炭酸水素Na、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、加水分解水添デンプン、ペンテト酸5Na、BG

※重曹

毛穴撫子重曹スクラブ洗顔の成分

毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔の成分は、とってもシンプルです(*^_^*)

主成分が重曹で、洗浄成分はアミノ酸由来の「ココイルグリシンNa」なので、肌に優しいです。

炭酸水素Na、タルク、ココイルグリシンNa、シリカ

※重曹

毛穴撫子の洗顔はどっち:値段と容量について

続いては、毛穴撫子の洗顔料のお値段と容量です。

重曹泡洗顔重曹スクラブ洗顔
価格1,100円(税込)1,300円(税込)
容量100g
(約1ヶ月~1ヶ月半)
100g
(約1ヶ月~1ヶ月半分)

容量は同じですが、スクラブ洗顔のほうがお値段が高めです。

ドラッグストアではもう少し安くなっている可能性があります。

毛穴撫子の洗顔はどっちがいい?のまとめ

毛穴撫子の洗顔料は、肌質や毛穴の悩みによって、選び方が変わってきます。

なので、毛穴の汚れが頑固で、汚れによる角栓や角質が気になる…という場合は、スクラブ洗顔がおすすめです。

乾燥が気になる方も、洗顔後にしっかり保湿することでカバーできると思います。

一方、泡洗顔のほうは、毛穴の汚れは気になるけれど、毛穴自体も小さいし肌が乾燥しがち…という方におすすめです。

毛穴撫子の洗顔料は、パラベンやエタノールなど、肌が敏感な場合負担がかかる成分が入っていないところがいいですね(*^_^*)

なので、スクラブ洗顔のほうは、他の洗顔料の邪魔をすることがないので、1個持っておいて「週1回の毛穴&角質ケアに使用する」という使い方もアリだと思います。

ぜひ、ドラッグストアでチェックしてみてくださいね。

◆関連記事◆

ロゼット洗顔パスタとチューブの違いは?どれがおすすめ?成分比較!

肌をメイクする石鹸口コミ|成分が贅沢すぎた!使ってみた効果と感想

ネイチャーコンク拭き取り化粧水どっちがいい?成分や効果の違いは?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次