MENU
カテゴリー

資生堂HAKUの使い方と順番は?ライン使いやオールインワンの順番も解説

資生堂HAKUの使い方と順番は?ライン使いやオールインワンの順番も解説

〈景品表示法に基づく表記〉本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

資生堂のHAKUシリーズは、美白※化粧品として、とっても人気の化粧品。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

でも、HAKUは、お値段が高いので、

  • 正しい使い方でケアしたい
  • ライン使いはどの順番で使えば効果的なの?
  • HAKU美容液とオールインワン化粧品の使う順番は?

など、HAKUの美白美容液の使い方や順番を詳しく知りたい方が多かったです。

今回は、HAKUの美白美容液と他の化粧品との使う順番や、効果的な使い方についてまとめてみました。

「購入したからには、しっかりケアしていきたい」

「HAKUの美容液だけを使いたいんだけど…」

という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

資生堂HAKUの使い方と順番・ライン使いの順番は?

資生堂のHAKUシリーズは、すべて医薬部外品で、

  • 化粧水
  • 美容液
  • 日中美容液
  • 乳液
  • ファンデーション
  • サプリメント

があります。

HAKUをライン使いする場合の順番は・・・

◆朝

(ピーリング)→化粧水→美白美容液→乳液→日中美容液→ファンデーション

◆夜

(ピーリング)→化粧水→美白美容液→乳液

(※HAKUのピーリング剤は、期間限定商品になります。)

HAKUシリーズのお値段は下記のような感じです。

HAKUアイテム容量価格
ピーリング3g×4包4,400円
化粧水120ml4,950円
ジェル状化粧水100g4,950円
美容液
(レフィル)
45g11,000円
(10,670円)
乳液120ml5,500円
日中美容液45ml5,280円
クリーム状ファンデ30g5,280円
クッションファンデ
(ケース)
12g3,520円
(1,100円)
価格はすべて税込

HAKUをライン使いしようと思ってそろえると結構なお値段になります…^^;

ですが、医薬部外品としての有効成分は、どのアイテムも同じなので「早く結果を出したい」「キレイになりたい」という場合は、ライン使いはとっても効果的です。

資生堂HAKUの美容液とオールインワンの順番は?

HAKUシリーズの中で一番人気なのが薬用美白美容液で「オールインワン化粧品と併用したい」という方も多いです。

HAKUの美白美容液とオールインワン化粧品の順番は、

洗顔→HAKU美白美容液→オールインワン化粧品

となります。

オールインワン化粧品は、化粧水・美容液・乳液・保湿クリームの役割を果たします。

なので

「化粧水の役割もあるなら、美容液の前に塗るんじゃない?」

「HAKUの美白美容液はクリーム状だから、オールインワンが先だよね。」

と感じる方もいらっしゃると思います。

ですが、オールインワン化粧品は、保湿クリームの役割として油分で皮膚に蓋をする役割も担っています。

一方、HAKUの美白美容液は、クリーム状ですが、成分をチェックしてみると油分は少なめです。

オールインワン化粧品を先に塗ってしまうと、HAKUの有効成分が肌に届きにくくなってしまいます。

HAKUの有効成分を角質層に届くようにするためにも、洗顔後すぐにHAKUの美容液を使います。

資生堂HAKUとオールインワンの併用ではプレ化粧水がおすすめ

そうは言っても…洗顔後にHAKUの美白美容液を使うのに抵抗がある…

という方も多いと思います^^;

そういう場合は「プレ化粧水」の使用をおすすめします。

  • アベンヌウォーター
  • ラロッシュポゼのターマルウォーター

の2つが人気ですが、両方使ってみて、個人的にはラロッシュポゼのターマルウォーターのほうが肌なじみが良かったです。

どちらもフランスの天然水で、アベンヌウォーターは肌荒れケア、ターマルウォーターは肌のバリア機能をサポートしてくれるプレ化粧水になります。

他にもプレ化粧水はたくさんありますが、成分がシンプルなのとお値段が比較的お手頃なので、併用しやすいかなと思います。

アベンヌウォーターもターマルウォーターも、300mlサイズで1,000円~1,500円ほどです。

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

「お値段がちょっと高い…」という場合は、楽天やAmazonで人気のミストウォーター「ピーススパ ミストウォーター」も良いと思います。

ピーススパ ミストウォーターの全成分は、

水、温泉水、ヒアルロン酸Na、BG、メチルパラベン、窒素

とちょっと余計な成分も入っていますが、お値段が安くて国産の化粧品です。

楽天では、500円台で購入できるお店がありました。

また、プラチナレーベルのハトムギ化粧水も、ハトムギ化粧水の中では成分が肌に優しいので良いと思います。

こちらの記事では、ハトムギ化粧水5種類の成分を比較していますので、敏感肌で心配…という方は参考にしてくださいね。

ハトムギ化粧水が合わない人の特徴は?赤み&ヒリヒリする理由は何?

どうしてもお金をかけたくない…というのであれば、精製水やミネラルウォーターでも美容液を浸透しやすくしてくれるとは思います。

HAKUの美白美容液はライン使いしないとダメ?

「HAKUをライン使いしたい…でも、お値段が…」という場合でも、HAKUの場合は単品使いで実感している方もたくさんいらっしゃるので、美容液を1本取り入れるだけでも十分だと思います(*^_^*)

また、同じ資生堂のアクアレーベルスペシャルジェルクリームは、HAKUと同じ有効成分「4-メトキシサリチル酸カリウム塩」が入っています

SNSでもかなり話題になったプチプラオールインワンです。

なので「お値段を抑えたい…でもなるべく早くキレイになりたい!」という場合は、

  • HAKU薬用美白美容液
  • アクアレーベル美白オールインワンジェル

の併用もおすすめです。

アクアレーベルの美白オールインワンジェルは、90gで1,980円(税込)。

楽天では1,500円台で販売されているお店もあったので、ドラッグストアでも安く販売されていると思います♪

アクアレーベルオールインワン口コミ|青を使ってみた効果と感想

また、現在は「シワ改善」と「シミ対策」が両方できるナイアシンアミド配合の化粧品が人気です♪

もし良かったら、こちらの記事「ナイアシンアミドオールインワンジェルおすすめ8選|プチプラも紹介!」も参考にしてみてくださいね。

医薬部外品のみのオールインワン化粧品をまとめています。

資生堂HAKUの使い方と順番まとめ

肌は、水分や一番浸透しやすく、少しでも油分が入っているものは浸透しにくいです。

テクスチャーも、サラサラしたテクスチャーは浸透しやすいですが、こってりしたテクスチャーのものは浸透しにくいです。

なので、

水分が多く、テクスチャーもサラサラしているものを先に使う

ということが、より肌が実感しやすい効果的な順番です。

「HAKUをライン使いしたい」

「オールインワンの使う順番がわからない…」

という方の参考になれば嬉しいです。

◆関連記事◆

無印オールインワンジェルおすすめはどれ?人気6種類の成分比較!

SK2の値段は?1ヶ月ライン使いするといくらかかる?肌悩み別に比較!

オルビスユーとユードットの違いを比較!年齢層は?使ってみた感想

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • HAKUの化粧、HAKU水乳液、HAKU美容液の使用順番を教えていただきたい。
    聞いたところによると、化粧水の後に美容液を使用。何故なのか疑問なので教えてください。

    • コメントありがとうございます。

      HAKUをラインで使用する場合は、化粧水→角質ケア美容液→美白美容液→乳液→日中美白美容液の順番で使用します。

      それぞれには、

      ・化粧水…水分補給と、後に使う美容液や乳液の浸透を良くする。
      ・角質ケア美容液…古い角質をケアし美容成分を浸透しやすくする
      ・美白美容液…化粧水や乳液よりも美容成分が豊富なので、しっかり肌に美容成分を届ける
      ・乳液…肌の水分が蒸発しないように油分でフタをする
      ・日中美白美容液…シミの原因になりやすい紫外線をカットする

      という役割があります。

      美容液はとろみがあるので、洗いあがりの乾燥した肌には浸透しにくいです。
      化粧水でしっかり水分補給をすることで、美容液の成分が角質層に浸透する道筋を作ってくれる感じです。

      資生堂さんの公式ページにもまとめてあるので、参考にされてみてください♪

      https://www.shiseido.co.jp/haku/faq/

コメントする

CAPTCHA


目次