ランコム下地の違いは?BB・ローズ全7種類どれが人気?成分比較!

ランコム下地の違いは?BB・ローズ全7種類どれが人気?成分比較!

ランコムのUV下地は、ロングセラーで幅広い年代層の方から人気で、長年愛用している方がとっても多かったです(*^_^*)

ランコムのUV下地は、全部で7種類ありますが、

  • BBやローズなどたくさんあるけれど、違いは何?
  • どれが一番人気なの?
  • 成分はそれぞれ違うの?

などなど、気になっている方も多いと思います。

今回は、ランコムのUV下地の違いや、成分、どれが人気なのかについて詳しくまとめてみました!

「私の肌にはどれがいいの?」と迷われている方は、ぜひ参考にしてくださいね♪

それでは、さっそくいってみましょう。

ランコム下地の違い:どれが人気?

ランコムのUV下地は、

  1. UVエクスペールトーンアップローズ
  2. UVエクスペールBBn
  3. アプソリュプレシャスセルUV

の順に人気で、一番人気なのは、UVエクスペールトーンアップローズです。

UVエクスペールトーンアップローズは、肌を白く&血色良くみせてくれるのと崩れにくいことが人気の理由です。

2位のUVエクスペールBBnは、BBクリームなのでファンデーションのようなカバー力があります。

BBnは明るめ(白め)のテクスチャーなので、肌をトーンアップしつつ毛穴もしっかりカバーしてくれます。

3位のアプソリュプレシャスセルUVはランコム最高峰のUV乳液で、お値段は高いですが「一度使うと手放せなくなる」という一品になっています(*^_^*)

続いては、全7種類の特徴と成分についてまとめてみました。

ランコム下地の違い:成分と特徴を比較

ランコムのUV下地は、上記3種類の他に

  • UVエクスペールトーンアップn(パール&白色)
  • UVエクスペールクリアn(無色)
  • UVエクスペールアクアn(無色)
  • UVエクスペールBBⅡn(BBnより暗い色)

の4種類、計7種類あります。

UVエクスペールトーンアップローズ

UVエクスペールトーンアップローズは、田中みな実さんも愛用していたことで、大人気になりました。

紫外線や外的環境からしっかり守りつつ

  • エーデルワイスエキス…乾燥ケア
  • モリンガエキス…大気汚染から肌を保護
  • ミントエキス…ツヤ成分

などの植物保湿成分が入っているので、1日中潤う肌が続きます。

口コミでも、

  • 思ったよりピンクが肌になじむ
  • パールホワイトより肌が健康的に見える
  • 夕方になっても肌がくすまない
  • 血色が良くなり肌がキレイに見える
  • 乾燥肌の悩みが解消した

など、みなさん大満足されていました!

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタン、スクワラン、グリセリン、ドロメトリゾールトリシロキサン、テレフタリリデンジカンフルスルホン酸、PG、変性アルコール、TEA、DPG、マイカ、ステアリン酸、セチルリン酸K、ナイロン-12、硫酸Ba、酸化鉄、トコフェロール、ココヤシ果実エキス、ココイルサルコシンNa、塩化Na、安息香酸Na、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、アデノシン、ステアリン酸PEG-100、エチルヘキシルトリアゾン、パルミチン酸、ポリソルベート80、マルトデキストリン、キサンタンガム、ペンチレングリコール、セイヨウハッカエキス、トロメタミン、イソヘキサデカン、エーデルワイス花/葉エキス、カプリリルグリコール、カルボマー、(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ミリスチン酸、オレイン酸ソルビタン、ワサビノキ種子エキス、ソルビトール、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、EDTA-2Na、ガリカバラ花エキス、セタノール、BG、BHT、シアバター油粕エキス、クエン酸、ソルビン酸K、水酸化Al、ステアリン酸グリセリル、香料

UVエクスペールトーンアップn

UVエクスペールトーンアップnは、ローズと同じ成分で、ピンク色成分(酸化鉄)だけが入っていないUV下地になります。

「顔の赤みを抑えたい」「パール感がほしい」「ワントーン明るい肌にしたい」という方におすすめです。

  • ツヤツヤの透明感がでる
  • 春夏はローズ、秋冬はトーンアップnと分けて愛用している
  • 軽いつけ心地なのに毛穴をしっかりカバーしてくれる
  • 日焼け止めの不快感ゼロ

など、トーンアップnはローズが発売される前から人気で、長く愛用されている方が多かったです。

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタン、スクワラン、グリセリン、ドロメトリゾールトリシロキサン、テレフタリリデンジカンフルスルホン酸、PG、変性アルコール、TEA、DPG、 マイカ、ステアリン酸、セチルリン酸K、ナイロン-12、硫酸Ba、トコフェロール、ココヤシ果実エキス、ココイルサルコシンNa、塩化Na、安息香酸Na、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、アデノシン、ステアリン酸PEG-100、エチルヘキシルトリアゾン、パルミチン酸、ポリソルベート80、マルトデキストリン、キサンタンガム、ペンチレングリコール、セイヨウハッカエキス、トロメタミン、イソヘキサデカン、エーデルワイス花/葉エキス、カプリリルグリコール、カルボマー、(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ミリスチン酸、オレイン酸ソルビタン、ワサビノキ種子エキス、ソルビトール、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、EDTA-2Na、ガリカバラ花エキス、セタノール、BG、BHT、シアバター油粕エキス、クエン酸、ソルビン酸K、水酸化Al、ステアリン酸グリセリル、香料

UVエクスペールクリアn

UVエクスペールクリアnは、ツヤ肌に仕上げてくれるUV下地で、無色透明です。

トーンアップシリーズやBBシリーズより伸びが良くて、みずみずしい使い心地です。

乾燥が気になる方や「つやっと濡れたような肌に仕上げたい」「素肌感を出したい」という方におすすめです。

UVエクスペールアクアn

UVエクスペールアクアnは、エクスペールシリーズの中で、一番軽いつけ心地のUV下地です。

「重くないので、崩れにくい」「無色透明だけど自然にトーンアップしてくれる」という声が多かったです(*^_^*)

日焼け止め下地の重さが苦手…。白浮きするのが嫌…。という方にもおすすめです。

UVエクスペールBBn

UVエクスペールBBnは、ローズの次に人気です。

BBクリームでカバー力があるので、これ1本でOKという方も多かったです(*^_^*)

成分は、UVエクスペールトーンアップローズとほぼ同じですが、「酸化チタン」「色素」色でカバー力をアップしています。

また、UVエクスペールトーンアップシリーズと比べて少し崩れやすいというところがデメリットです。

水、酸化チタン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、グリセリン、ジメチコン、ドロメトリゾールトリシロキサン、テレフタリリデンジカンフルスルホン酸、PG、ステアリン酸イソセチル、変性アルコール、TEA、ステアリン酸、セチル酸K、赤202、トコフェロール、ココイルサルコシンNa、塩化Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ステアリン酸PEG-100、ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル、パルミチン酸、ポリソルベート80、キサンタンガム、ペンチレングリコール、セイヨウハッカエキス、トロメタミン、イソヘキサデカン、エーデルワイス花/葉エキス、カプリリルグリコール、カルボマー、(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ミリスチン酸、オレイン酸ソルビタン、ソルビトール、ワサビノキ種子エキス、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、EDTA-2Na、ガリカバラ花エキス、リン酸2Na、セタノール、BHT、クエン酸、メチコン、ソルビン酸K、水酸化Al、ステアリン酸グリセリル、香料

UVエクスペールBBⅡn

UVエクスペールBBⅡnは、BBnよりも健康的な肌色の方におすすめで、少し暗い色のテクスチャーになります。

また、

シミがある箇所には重ねて塗っているのですが、肌馴染みがいいからか、厚めに塗っても見た目はナチュラルなのがうれしい

ランコム公式サイトより

という声もあって、シミが気になる…という方も重ね塗りすればコンシーラーとしても使える感じになっています。

「ファンデーションを重ねて塗っても厚塗り感がない」とこちらのBBクリームも高評価です(*^_^*)

アプソリュプレシャスセルUV

アプソリュプレシャスセルUVは、ランコム最高峰シリーズの日中UV乳液になります。

薄いピンクのテクスチャーで肌がキレイに見えるのと、柑橘系フローラルの香りが良いと人気。

「これを使うと、もう他は使えない」

という声も(*^_^*)

植物由来の先進美容成分入りで、スキンケアしながら1日中肌を守ってくれる美容液のようなUV下地です(*^_^*)

ランコム下地の違い:色とSPF値はどう?

UVエクスペールクリア、アクア、アプソリュの3種類は、SPF50ですが、他はSPF50+です。

ランコムのUV下地は、SPF値がほぼ同じなので、テクスチャーや色、なりたい肌の仕上がりで選ぶのがおすすめです(*^_^*)

ただ、ラスティング(持続時間キープ・崩れにくい)効果が高いのが、トーンアップローズとトーンアップnになります。

人気SPF値
No.1トーンアップローズピンクSPF50+
PA++++
トーンアップn白色
パール感
SPF50+
PA++++
クリアn無色
濡れツヤ肌
SPF50
PA++++
アクアn無色
軽いつけ心地
SPF50
PA++++
No.2BBn明るい
肌色
SPF50+
PA++++
BBⅡn健康的な
肌色
SPF50+
PA++++
No.3アプソリュプレシャスセルUVピンクSPF50
PA++++
価格は全て税込

ランコム下地の違い:値段と容量について

ランコムのUV下地は、30mlサイズが6,380円(税込)、50mlサイズが8,250円(税込)とアプソリュ以外は全て同じお値段です。

1回の使用目安は、パール粒大1個分。

30mlサイズは約3~3.5ヶ月分、50mlサイズは約5~6ヶ月分

1本の値段だけ見ると高いですが、とっても長持ちするので、そう考えるとコスパは良いと思います(*^_^*)

また、楽天やAmazonでは公式ショップより安く販売しているお店もあるので、レビューをチェックしてみて高評価であれば利用してみても良いと思います。

人気容量価格
No.1トーンアップローズ30ml
50ml
6,380円
8,250円
トーンアップn30ml
50ml
6,380円
8,250円
クリアn30ml
50ml
6,380円
8,250円
アクアn30ml6,380円
No.2BBn30ml
50ml
6,380円
8,250円
BBⅡn30ml6,380円
No.3アプソリュプレシャスセルUV30ml
50ml
13,200円
17,160円
価格は全て税込

ランコム下地の違いのまとめ

ランコムのUV下地は、7種類あって「どれも成分が違うのかな?」と思ったのですが、成分はほぼ同じで、

  • 配合量
  • 色成分

の違いだけでした。

また、どのUV下地も伸びが良くて肌になじみやすいと高評価なので「なりたい肌の仕上がり」のみで選ぶだけでOKだと思います(*^_^*)

ランコムの公式サイトでは、商品を購入すると無料サンプルが3つもらえるので、口紅やファンデーションを購入するときにいろいろお試しするのも良いと思います。

店頭だと購入しなくてもサンプルをもらえると思うので、お買い物ついでに足を運んでもいいですね。

◆関連記事◆

リポソームVSジェニフィック比較!どっちがいい?使ってみた感想

V3ファンデーションは危ない?針(イノスピキュール)に危険性はあるの?

パーフェクトワンクッションファンデ口コミ|CMみたいにシミは隠れる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!