ドモホルンリンクルの成分は危険なの!?合わない人の特徴ってある?

ドモホルンリンクルの成分は危険なの!?合わない人の特徴ってある?

ドモホルンリンクルは、30代からの年齢肌に悩む方からはとっても高評価な化粧品ブランドです。

ただ、ドモホルンリンクルは通販でしか購入できず、店頭でお試しできないこともあり、

  • ドモホルンリンクルの成分って危険なの?
  • 肌に合わない人っているの?
  • 実際にはどんな成分が配合されているの?

など、心配な方も多いみたいです。

今回は、ドモホルンリンクルの成分や、ドモホルンリンクルが合わない人の特徴についてまとめてみました。

「ドモホルンリンクルを使ってみようかな…。」という方の参考になれば嬉しいです(*^_^*)

ドモホルンリンクルの成分は危険?

ドモホルンリンクルの成分は、危険ではありません。

成分をチェックしてみると、他の化粧品よりも安全かな?と思います(*^_^*)

ドモホルンリンクルは、BG(水溶性保湿成分)と泡の集中パックに配合されているLPG(液化ガス)以外は、すべて天然由来の成分でできています。

また、

  • パラベン(防腐剤)
  • フェノキシエタノール(防腐剤)
  • アルコール
  • 合成香料
  • 着色料
  • 石油系界面活性剤

も不使用なので、肌に優しい処方になっています。

ドモホルンリンクルが合わない人の特徴は?

ドモホルンリンクルが合わない人の特徴としては、

  • 脂性肌で皮脂が多い方
  • 10~20代で、年齢肌の悩みがない方
  • べたつく使用感が苦手な方
  • 忙しくて毎日丁寧にお手入れできない方
  • 効果に即効性を求める方

といった感じです。

ドモホルンリンクルは、実際に使ってみると肌の調子は良くなるのですが、保湿力が高いのでべたつく使用感のものが多いです。

なので、皮脂が気になる方やべたつく使用感が苦手な方は、「化粧水と美容液だけにしてみる」「化粧水とクリームだけにしてみる」などの工夫が必要かなと思います。

また、ドモホルンリンクルは

  1. クレンジング
  2. 洗顔2回
  3. 泡パック(毎日)
  4. 化粧水
  5. 美容液
  6. クリーム
  7. 保護乳液
  8. 光対策ドレスクリーム

とステップが多いです。

なので、忙しい方やオールインワンで簡単に済ませたいという方には難しい化粧品かなと思います。

それから、効果に即効性を求める方にもおすすめできないです。

レチノールやビタミンCといった効果が高いけれど、刺激を感じやすい成分は配合されていません。

ですが「肌が乾燥しがち…」「肌の調子が悪すぎる…」と、肌の機能が弱っている…という場合には、即効性を感じられると思います(*^_^*)

ドモホルンリンクル全種類の成分

続いては、ドモホルンリンクルの成分について詳しくまとめてみました。

ドモホルンリンクル全アイテムに共通しているのは、

  • コラーゲン
  • チューリップ花エキス(肌荒れケア成分)
  • オタネニンジン根エキス(ハリ成分)
  • 阿蘇の天然水

という成分です。

そして、アイテムごとに漢方薬としても使用される植物エキスを厳選して配合されています。

また、香りは、カニナバラ果実油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、ベルガモット果実油などの天然植物オイルで調合しています。

なので、アイテムごとに少しずつ香りが違いますが、個人的には「肌に効く香り」というか「肌に良さそうな香り」というか、肌も心も癒される香りでした♪

続いては、アイテムごとの成分についてチェックしてみました。

クレンジングジェルの成分

ドモホルンリンクルのクレンジングジェルは、オイルを乳化する成分や強めの界面活性剤が入ってないので、ダブル洗顔は必須です。

  • ラベンダーオイル
  • ツバキ(椿)オイル
  • 発酵アルガンオイル

など、肌なじみがよく保湿力が高い植物オイルで、メイクをしっかり&しっとりと落としてくれます。

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウリン酸メチルヘプチル、イソステアリン酸エチル、コメヌカ油、、ドデカン、ジグリセリン、水、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、スクワラン、イソステアリン酸フィトステリル、ジステアリン酸ポリグリセリル-10、水溶性コラーゲンオタネニンジン根エキス、チューリップ花エキス、ピンピネラサクシフラガ花/葉/茎エキス、チャ葉エキス、イチジク樹皮エキス、ハトムギ種子エキス、フランスラベンダーエキス、リモニウムゲルベリエキス、プセウドジマエピコラ/アルガニアスピノサ核油発酵液、プセウドジマエピコラ/オリーブ果実油発酵液、ツバキ種子油、メドウフォーム油、ホホバ種子油、(マカデミア種子油/水添マカデミア種子油)エステルズ、シア脂、プルーン種子油、コメエキス、ムラサキ根エキス、加水分解水添デンプン、グリコシルトレハロース、デキストリン、トコフェロール、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアロイルグルタミン酸Na、パーム脂肪酸グルタミン酸Na、グリセリン、BG、カプリル酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-10 、カワラヨモギ花エキス、チョウジエキス、カニナバラ果実油、イランイラン花油、ベルガモット果実油、ニオイテンジクアオイ油、ローマカミツレ花油

洗顔石鹸の成分

ドモホルンリンクルの洗顔料は、チューブタイプになっていますが「洗顔石鹸」です。

アミノ酸由来の洗浄成分と天然の洗浄成分「ソープナッツ」配合で優しい洗いあがり。

ですが、クレイ成分やシルクなど、汚れ吸着&除去成分もしっかり入っているので、優しいだけでなく毛穴の汚れもきれいに落としてくれます。

ドモホルンリンクルは、2回の洗顔を推奨していますが、2回洗っても全くつっぱらないところが良かったです(*^_^*)

ココイルグリシンK、グリセリン、水、ジグリセリン、クエン酸、ラウリン酸ポリグリセリル-10、チューリップ花エキスオタネニンジン根エキス(紅参)水溶性コラーゲンピンピネラサクシフラガ花/葉/茎エキス、カキ果皮エキス、オクラ果実エキス、トウキ根エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス(ソープナッツエキス)、サンゴ末、カオリン、シルク、ラフィノース、ハトムギ種子エキス、ミリスチルアルコール、コーンスターチ、ステアリン酸ステアリル、BG、カプリル酸グリセリル、カワラヨモギ花エキス、チョウジエキス、カニナバラ果実油、ラベンダー油、ローマカミツレ花油、ティーツリー葉油

※アミノ酸系の洗浄成分

※汚れ吸着&除去成分

泡の柔肌パックの成分

泡の集中パックは、

  • ウコン根茎エキス…肌を柔らかくする
  • グアバ葉エキス…抗酸化ケア
  • 醗酵ビタミンB12…ツヤ&キメ成分

が配合されていて、肌のごわつきや肌の老化をケアしてくれます。

ツヤを与えてキメを整えてくれるので、つるんっとした肌に仕上がります。

乾燥小じわを目立たなくする効能評価試験済み。

水、BG、グリセリン、LPG、ベヘニルアルコール、グアバ葉エキス、オタネニンジン根エキス(紅参)水溶性コラーゲン、シマカンギク/ヒメジョオンエキス、チューリップ花エキスピンピネラサクシフラガ花/葉/茎エキス、ヒマワリ芽エキス、トマト果実/葉/茎エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、加水分解酵母エキス、シアノコバラミン、ウコン根茎エキス、マカデミアナッツ油、キサンタンガム、ステアリン酸スクロース、パルミチン酸スクロース、ミリスチルアルコール、水添レシチン、水酸化レシチン、トコフェロール、アスコルビン酸、トリステアリン酸ポリグリセリル-10、ミリスチン酸ポリグリセリル-6、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ココイルグルタミン酸K、ステアロイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、カプリル酸グリセリル、カワラヨモギ花エキス、チョウジエキス、カニナバラ果実油、ベルガモット果実油、オレンジ果皮油、ローズマリー葉油、パルマローザ油

保湿液(化粧水)の成分

ドモホルンリンクルの化粧水は、

  • 分子の大きさが異なる2種類のコラーゲン
  • 分子の大きさが異なる2種類のヒアルロン酸
  • PCA-Na…肌なじみのよい保湿成分
  • シロキクラゲ多糖体…肌に優しい保湿成分

と保湿成分がふんだんに配合されています。

とろみが強く、かなり保湿力の高い化粧水ですが、乾燥が気になる方からはとっても高評価です。

水、BG、グリセリン、プロパンジオール、ジグリセリン、エリスリトール、ベタイン、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲンオタネニンジン根エキス、シマカンギク/ヒメジョオンエキス、グアバ葉エキス、サワヒヨドリエキス、チューリップ花エキスピンピネラサクシフラガ花/葉/茎エキス、チャ葉エキス、アスペルギルス/(シライチアグロスベノリ果実/トチュウ葉/ハトムギ種子)発酵液、晩白柚果実エキス、イチゴ花エキス、ナス果実エキス、ダイズ種子エキス、ダイズ芽エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、PCA-Na、グルコース、水添リゾレシチン、シロキクラゲ多糖体、キサンタンガム、タマリンドガム、クエン酸、クエン酸Na、カプリル酸グリセリル、カプリルヒドロキサム酸、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、カニナバラ果実油

美活肌エキス(美容液)【医薬部外品】の成分

美活肌エキスは、医薬部外品の薬用美容液です。

有効成分は「ナイアシンアミド」なので、シワ改善、シミ対策、肌荒れ予防効果が期待できます。

また、話題の鎮静ケアができる「ツボクサエキス」や皮脂バランスを整えてくれる「月桃葉エキス」なども配合されています。

個人的には、べたつき感も少なく肌に密着する感じで、一番使用感が良かったです(*^_^*)

【医薬部外品としての有効成分】

ナイアシンアミド

【その他の成分】

水溶性コラーゲン液-ST、加水分解コラーゲン液-ST、加水分解コラーゲン液(5)人参エキス、不知火菊エキス、グアバ葉エキス、サワヒヨドリエキス、チューリップ花エキスピンピネラサキシフレイジエキス、蜜香紅茶エキス‐ST、甘藷発酵エキス、御種人参発酵液、ビサボロール、甘草フラボノイド、米糠抽出物加水分解液A、党参抽出物加水分解液、水溶性ツボクサエキス、ゲットウ葉エキス、オウバクエキス、シロキクラゲ多糖体、アルカリゲネス産生多糖体、親水性乳酸菌発酵米・P、ホホバ油、天然ビタミンE、ビタミンE、水添ナタネ油アルコール、水添大豆リゾリン脂質、水添大豆リン脂質、フィトステロール、ヤシ油脂肪酸アシルアルギニンエチル・DL-PCA塩、ステアロイルグルタミン酸Na、クエン酸、クエン酸Na、ジグリセリン、BG、1,3-プロパンジオール、ペンチレングリコール、精製水、グリセリン脂肪酸エステル、ラウリン酸ポリグリセリル、カワラヨモギエキス、チョウジエキス、ローマカミツレ油、ノバラ油、ラベンダー油

クリーム20【医薬部外品】の成分

クリーム20も医薬部外品の薬用保湿クリームです。

有効成分は、美活肌エキスと同様「ナイアシンアミド」。

美活肌エキスと成分はほぼ同じですが、人参エキスや油溶性人参エキス、オタネニンジン醗酵液など、肌にハリを与えるニンジン成分がたっぷり入っています。

また、油分でしっかりフタをするという感じの硬いクリームになっています。

【医薬部外品としての有効成分】

ナイアシンアミド

【その他の成分】

水溶性コラーゲン液-ST、加水分解コラーゲン液-ST、加水分解コラーゲン液(5)人参エキス、油溶性人参エキス-2、御種人参発酵液、不知火菊エキス、グアバ葉エキス、サワヒヨドリエキス、チューリップ花エキスピンピネラサキシフレイジエキス、蜜香紅茶エキス-ST、甘藷発酵エキス、米抽出物加水分解液V、サクラ葉抽出液、ナツメエキス、ツボクサエキス、水添大豆リン脂質、オレイン酸フィトステリル、親水性乳酸菌発酵米・P、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、フィトステロール、シュガースクワラン、イソステアリン酸イソステアリル、紅花油、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、アルカリゲネス産生多糖体、キサンタンガム、天然ビタミンE、ビタミンE、ステアリン酸、ヤシ油脂肪酸アシルアルギニンエチル・DL-PCA塩、ステアロイルグルタミン酸Na、イソステアリルグリセリルエーテル、ベヘニルアルコール、アラキルアルコール、ステアリルアルコール、BG、濃グリセリン、ジグリセリン、ペンチレングリコール、クエン酸Na、クエン酸、精製水、グリセリン脂肪酸エステル、ラウリン酸ポリグリセリル、カワラヨモギエキス、チョウジエキス、ノバラ油、ラベンダー油、ローマカミツレ油

保護乳液の成分

ドモホルンリンクルは、最後に保護乳液を使用してスキンケアが完了します。

この保護乳液で肌にヴェールをかけて、外的環境から肌を守る感じです。

なので、肌のバリア機能をサポートする2種類のヒト型セラミドが配合されています。

個人的には、保護乳液をつけるとかなりべたつくので「いらないかな…」という感じなのですが、夜にたっぷり塗って寝ると朝の肌がモチモチになります(*^_^*)

水、BG、グリセリン、スクワラン、ステアリン酸ポリグリセリル-4、ラウリン酸ポリグリセリル-10、水添レシチン、エリスリトール、水溶性コラーゲンオタネニンジン根エキス、シマカンギク/ヒメジョオンエキス、グアバ葉エキス、サワヒヨドリエキス、チューリップ花エキスピンピネラサクシフラガ花/葉/茎エキス、チャ葉エキス、アスペルギルス/(シライチアグロスベノリ果実/トチュウ葉/ハトムギ種子)発酵液、セラミドAP、セラミドNP、シルク、アストロカリウムムルムル種子脂、オプンチアフィクスインジカ種子油、カタメンキリンサイエキス、メドウフォームエストリド、糖脂質、ラウリン酸、トコフェロール、ベヘニルアルコール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、チューベロース多糖体、アルカリゲネス産生多糖体、クインスシードエキス、キサンタンガム、コーンスターチ、プロパンジオール、カプリル酸グリセリル、カプリルヒドロキサム酸、カワラヨモギ花エキス、チョウジエキス、ラベンダー油、ローマカミツレ花油、カニナバラ果実油、ビャクダン油、ニオイテンジクアオイ油

光対策ドレスクリームの成分

光対策ドレスクリームは、SPF50+/PA++++で紫外線をしっかりガードしてくれます。

ブルーライトや近赤外線など他の肌ダメージを与える光もカットしてくれるところも嬉しいです。

ドモホルンリンクルの基本保湿成分の他に「ローヤルゼリー」や「パールエキス」も配合。

「化粧下地であまりカバー力はないんだろうな…」と期待しなかったのですが、使ってみるとすごくカバー力があってびっくりしました^^;

肌にピタッと密着して、気になる毛穴もキレイにカバーして崩れにくいです。

クリームファンデーションに近いので、この上にパウダーを重ねれば十分ファンデーションとして使えると思います。

水、シクロペンタシロキサン、酸化チタン、BG、イソステアリン酸ヘキシルデシル、グリセリン、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ラウリルポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、キシリトール、ゴヨウマツ種子油、酸化鉄、イソステアリン酸、オクチルドデカノール、ジステアルジモニウムヘクトライト、ステアリン酸亜鉛、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、サワヒヨドリエキス、シマカンギク/ヒメジョオンエキス、オタネニンジン根エキス(紅参)、グアバ葉エキス、ピンピネラサクシフラガ花/葉/茎エキスチューリップ花エキス水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、オーキッドエキス、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、ヘチマエキス、ラミナリアオクロロイカエキス、ヒアルロン酸Na、ハトムギ種子エキス、チューベロース多糖体、スクワラン、セルロース、ステアリン酸、クエン酸Na、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、カプリル酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-10、トコフェロール、マイカ、水酸化Al、アルミナ、カワラヨモギ花エキス、チョウジエキス、カニナバラ果実油

ドモホルンリンクルの成分まとめ

ドモホルンリンクルは、通販のみの化粧品で店頭でお試しできないし、美容部員さんに相談もできないです…。

そのため「成分が危険なの?」など噂が立ってしまうようです…。

でも、実際に使ってみて、そして成分をチェックしてみると、本当に肌に良いものを厳選して配合した化粧品という印象を持ちました。

保湿力が高くべたつく使用感のものが多いですが、個人的には、

  • クレンジングジェル
  • 洗顔石鹸
  • 美活肌エキス
  • 光対策ドレスクリーム

は、べたつくのが苦手な私でも、とっても良い使用感でした(*^_^*)

ドモホルンリンクルは、本当はライン使いするのがいいんでしょうけれど、お値段が高いのと人によっては使用感がイマイチなものもあります。

なので、ドモホルンリンクルには無料サンプルセットがあるので、お試ししてみて「好みのアイテムを2~3アイテム選ぶ」という形にしても良いと思います。

◆ドモホルンリンクル関連記事◆

ドモホルンリンクルをお試ししたその後は?勧誘電話はしつこい?

ドモホルンリンクルの値段は月いくら?高い?単品でおすすめはどれ?

ドモホルンリンクルをやめた理由は?口コミ・評判を暴露【レビュー付】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!