カナデルどれがいい?|成分で選ぶなら?全6種類を徹底比較【体験談】

カナデルは、テレビCMやSNSで話題になっているオールインワンジェルです。

カナデルのオールインワンジェルは全部で6種類ありますが、

  • どれがいいの?
  • 成分に違いはあるの?
  • 私の肌の悩みに合ったオールインワンジェルはどれ?

など「使ってみたいけれど、どれにしようか迷う…」という方もいらっしゃると思います。

今回は、実際に使ってみた感想をもとに6種類のカナデルオールインワンジェルについてまとめてみました!

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

それでは早速いってみましょう!

カナデルどれがいい?|成分で選ぶなら?全6種類を肌悩み別に比較

カナデルのプレミアオールインワンジェルは、

  • リフト(ピンク)…ハリ・弾力ケア
  • ホワイト(紫)…美白※ケア
  • バランサー(黄色)…毛穴・皮脂ケア
  • バリアフィックス(緑)…シワ改善・美白※・肌荒れケア
  • ゼロ(黒)…最高峰エイジングケア
  • モイストクール(青)…引き締めケア(期間限定)

※メラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

と全部で6種類ありますが、成分で選ぶとなれば、やっぱり医薬部外品でシワもシミもケアできる「プレミアバリアフィックス(緑)」かなと思います。

ですが「成分的にどれがお得?」となると、個人的には「プレミアリフト(ピンク)」が「これだけ入ってこのお値段?」という感じですごくお得だなと思いました♪

私の場合は、塗った後の肌の仕上がりが良かったのもピンクのプレミアリフトでした。

続いては、カナデルオールインワンジェルの成分について1つずつ簡単にまとめてみますね。

カナデルプレミアリフト(ピンク)の成分

ピンクのカナデルプレミアリフトは、

  • コラーゲン
  • ハリペプチド
  • 70種類の保湿成分
  • セラミドVC(ビタミンC誘導体の一種)

が配合されたオールインワンジェルです。

70種類の保湿成分も

  • ナールスゲン
  • レチノール
  • ナイアシンアミド
  • ヒト型セラミド
  • ツボクサエキス
  • ビタミンC誘導体

などとっても贅沢。

1つ1つの保湿成分の配合率は少ないと思いますが、たくさんの保湿成分で総合的にお肌のハリをサポートしてくれる感じになっています。

カナデルプレミアリフトの全成分はこちらです。

水、グリセリン、BG、マルチトール*、ペンチレングリコール、メドウフォーム油*、スクワラン*トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア*パルミトイルトリペプチド-5*、パルミトイルジペプチド-5ジアミノブチロイルヒドロキシトレオニン*カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル*3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸*、グリチルリチン酸2K*、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na*、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル*、3-O-エチルアスコルビン酸*、リン酸アスコルビルMg*、リノール酸レチノール*、トコトリエノール*、ナイアシンアミド*、セラミドNP*、セラミドNG*、セラミドAP*、加水分解エラスチン*加水分解コラーゲン*、水溶性コラーゲン*、サクシノイルアテロコラーゲン*、メリッサ葉エキス*、カンゾウ根エキス*、月見草油*、ツボクサエキス*、オウゴン根エキス*、イタドリ根エキス*、カミツレ花エキス*、カラスムギ穀粒エキス*、シャクヤク根エキス*、マンダリンオレンジ果皮エキス*、クロレラエキス*、ウメ果実エキス*、ヒメフウロエキス*、ザクロ花エキス*、カンゾウ葉エキス*、トウキンセンカ花エキス*、ローマカミツレ花エキス*、ヤグルマギク花エキス*、フユボダイジュ花エキス*、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス*、ホホバ葉エキス*、セイヨウオオバコ種子エキス*、アルニカ花エキス*、キュウリ果実エキス*、パリエタリアエキス*、セイヨウキズタ葉/茎エキス*、ゼニアオイ花エキス*、セイヨウニワトコ花エキス*、ダイズ種子エキス*、ローズマリー葉エキス*、チャ葉エキス*、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル*、プルケネチアボルビリス種子油*、プリンセピアウチリス種子油*、アストロカリウムムルムル種子脂*、サイペラスエスクレンタス根油*、コメヌカ油*、アセチルヒアルロン酸Na*、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル*アセチルジペプチド-1セチル*、トコフェロール*、ベルガモット果実油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、レモン果皮油、ローマカミツレ花油、ローズマリー葉油、クスノキ樹皮油、マヨラナ葉油、フィトステロールズ*、水添レシチン*、ジグリセリン*、アルカリゲネス産生多糖体*、プルラン*、ジメチコン、ラウロイルサルコシンイソプロピル、塩化Mg、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ポリソルベート60、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、イソステアリン酸ソルビタン、ラウリン酸ソルビタン、ヒドロキシエチルセルロース、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、リン酸K、リン酸2Na

※コラーゲンとハリペプチド

※ナールスゲン

カナデルプレミアホワイト(紫)の成分

続いては、紫のプレミアホワイトの成分です。

プレミアホワイトは医薬部外品で有効成分は、

  • 3-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体)
  • トラネキサム酸

の2成分になっています。

どちらもメラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防いでくれる成分ですが、トラネキサム酸は肌荒れ防止効果もあります。

なので、シミの原因になる肌荒れを防ぎつつシミ対策をしてくれるオールインワンジェルになっています。

保湿成分は、

  • シソ葉エキス
  • トウキエキス
  • ツボクサエキス

など、13種類配合されています。

プレミアホワイトは、カナデルシリーズの中では成分がシンプルなので「シミ対策」に特化したオールインワンという印象です。

ただ「ブーストオイル」という「うるおいを閉じ込める製法」が採用されているので、カナデルシリーズの中では油分感が高く保湿クリームのような濃厚な使用感になっています。

カナデルプレミアホワイトの全成分はこちらです。

【医薬部外品としての有効成分】

3-O-エチルアスコルビン酸

トラネキサム酸

【その他の成分】

シソ葉エキス、カンゾウフラボノイド、トウキエキス(1)、ウメ果実エキス、ユキノシタエキス、ツボクサエキス、キウイエキス、クワエキス、イエローヒマラヤンラズベリー根エキス、スターフルーツ葉エキス、ヒキオコシエキス(1)、オウゴンエキス、シュガースクワラン、メドウフォーム油、濃グリセリン、テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、1,3-ブチレングリコール、モノステアリン酸ポリグリセリル、トリメチルグリシン、ジプロピレングリコール、親油型モノステアリン酸グリセリル、ステアリルアルコール、メチルポリシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、無水クエン酸、クエン酸ナトリウム、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、フェノキシエタノール、ピロ亜硫酸ナトリウム、香料、精製水

カナデルプレミアバランサー(黄色)の成分

続いては、毛穴・皮脂ケアができる黄色のプレミアバランサーの成分です。

プレミアバランサーには、アクティブオイルセンサー成分

  • グルコン酸亜鉛
  • アテロコラーゲン
  • ヒアルロン酸Na
  • ステアリン酸Na
  • シュードアルテロモナス発酵エキス
  • バクホウシアシトリオドラ葉エキス

が、うるおいを与えることでテカりを抑えてくれるそう。

「肌を引き締めることによって毛穴を目立たせなくする」ということではなく、しっかり保湿することで毛穴にアプローチしてくれるオールインワンジェルになっています。

なので「乾燥で毛穴の開きが気になる…」「インナードライ肌で皮脂が気になる…」と肌バランスが乱れがち…という方には良いかもしれないです。

また、個人的にいいなと思ったのは、肌になじみやすいアミノ酸系の保湿成分がたくさん配合されているところ。

さっぱりしているのにしっかり保湿されるのは、このアミノ酸が活躍しているのかな?と思います♪

水、BG、トリエチルヘキサノイン、ホホバ種子油、グリセリン、グルコン酸亜鉛、バクホウシアシトリオドラ葉エキス、シュードアルテロモナス発酵エキス、セイヨウノコギリソウエキス、アスコルビン酸、グルタチオン、コロイド性金、キシリチルグルコシド、キシリトール、無水キシリトール、タチジャコウソウ花/葉エキス、ブドウ葉エキス、ハマメリス葉エキス、フユボダイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、アーチチョーク葉エキス、ボタンエキス、セラミドAP、セラミドNP、セラミドNG、アテロコラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、トレオニン、プロリン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA、PCA-Na、水溶性コラーゲンクロスポリマー、イソステアリン酸フィトステリル、ステアリン酸Na、ニオイテンジクアオイ油、ラベンダー油、ベルガモット果実油、ローマカミツレ花油、クスノキ樹皮油、ローズマリー葉油、マヨラナ葉油、レモン果皮油、乳酸Na、ステアロイルラクチレートNa、サリチル酸Na、キサンタンガム、カプリリルグリコール、PEG-8、ペンチレングリコール、カルボマー、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、水酸化Na、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、ソルビトール、プロパンジオール、1,2-ヘキサンジオール、塩化Na、ベヘニルアルコール、フェノキシエタノール

カナデルプレミアバリアフィックス(緑)の成分

続いては、緑のプレミアバリアフィックスの成分についてです。

プレミアバリアフィックスは医薬部外品で、有効成分は、

  • ナイアシンアミド(シワ改善・美白※ケア)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(肌荒れ防止)

※メラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

になっています。

保湿成分としては、

  • ツボクサエキス
  • カモミラエキス
  • ローズマリーエキス
  • チャエキス

といったハーブ由来の成分が多いです。

また、使用感を良くする(肌になじみやすくする)合成界面活性剤の代わりに「フィジカルラメラファンクション」という技術を採用。

「フィジカルラメラファンクション」とは油分と水分をミルフィーユ状に構造化したもの。

なので、合成界面活性剤不使用でも、肌になじみやすい使用感になっています。

【医薬部外品としての有効成分】

ナイアシンアミド

グリチルリチン酸ジカリウム

【その他の成分】

ツボクサエキス、オウゴンエキス、カモミラエキス(1)、ローズマリーエキス、カンゾウエキス、イタドリエキス、チャエキス(1)、ヨクイニンエキス、バクモンドウエキス、海水乾燥物、カラギーナン、アルギン酸ナトリウム、シソエキス(1)、カンゾウフラボノイド、黒砂糖エキス、セイヨウハッカエキス、シルバーバイン果実エキス、ドクダミエキス、トウキンセンカエキス、オトギリソウエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、セージエキス、シナノキエキス、スギナエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウノコギリソウエキス、アルテアエキス、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、水素添加大豆リン脂質、ラフィノース水和物、濃グリセリン、グリセリン、ジグリセリン、デキストリン、トリメチルグリシン、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、ジペンタエリトリット脂肪酸エステル(2)、ソルビット液、メチルフェニルポリシロキサン、ラウリン酸ヘキシル、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、水酸化ナトリウム、ベヘニルアルコール、硬化ナタネ油アルコール、フェノキシエタノール、香料、精製水

カナデルプレミアゼロ(黒)の成分

続いては、黒のカナデルプレミアゼロの成分です。

プレミアゼロは、主成分が水ではなく「発酵ハトムギエキス」となっています。

医薬部外品ではないですが、ハリ・弾力・乾燥小じわをケアしてくれるカナデル史上最高峰のエイジングケアオールインワンジェルです。

  • コラーゲンペプチド
  • 海藻由来の保湿成分
  • 海藻由来・植物由来の幹細胞エキス

などワンランク上の保湿成分が配合されているので、カナデルシリーズの中でもお値段が高め。

個人的には、ピンクのカナデルリフトを使ってみて「ちょっと物足りない…」と感じた場合におすすめのオールインワンジェルかなと思います。

乳酸桿菌/加水分解ハトムギ胚/胚乳発酵液、エリスリトール、ポリグリセリン-3、ジメチコン、グリセリン、BG、水、スクワラン、シクロペンタシロキサン、クリスマムマリチマムカルス培養液、ラミナリアディギタータエキス、カッパフィカスアルバレジエキス、サッカリナロンギクルリスエキス、ヘキサペプチド-9、マコンブエキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、デイノコッカス培養エキス液、加水分解紅藻エキス、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、メリアアザジラクタ葉エキス、セラミドNP、セラミドAP、セラミドNG、PCA-Na、ナツメ果実エキス、カンゾウ根エキス、オウゴン根エキス、フィトスフィンゴシン、オオシマザクラ花エキス、エンピツビャクシン油、アカシアデクレンス花エキス、イランイラン花油、カボス果皮油、ニオイスミレ葉エキス、ニオイテンジクアオイ油、パルマローザ油、ベルガモット果実油、オオバナソケイ花エキス、ダマスクバラ花油、ニュウコウジュ油、バロスマベツリナ葉油、ビターオレンジ花油、オレンジ果皮油、海塩、イソマルト、レシチン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、1,2-ヘキサンジオール、乳酸、ジステアルジモニウムヘクトライト、塩化Na、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、ミリストイルメチルアミノプロピオン酸ヘキシルデシル、(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー、PEG/PPG-19/19ジメチコン、PEG-10ジメチコン、ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、プロパンジオール、カプリルヒドロキサム酸、ベヘニルアルコール、フェノキシエタノール

カナデルプレミアモイストクール(青)の成分

最後は、青のカナデルプレミアモイストクールの成分です。

モイストクールは、2022年9月現在「なくなり次第終了」ということで、夏限定のオールインワンジェルのようですね。

主な保湿成分は、

  • コメ発酵エキス
  • ビタミンA誘導体
  • ビタミンE誘導体
  • ビタミンC誘導体

となっています。

コメ発酵エキスで肌のキメを整えながら、ビタミン成分で肌を紫外線から守ってくれる感じです。

「シャーベット状のひんやりジェル」ということで、暑さで熱を持った肌をクールダウンしてくれるオールインワンジェルになっています。

個人的な感想としては、成分をチェックしてみると黄色のプレミアバランサーに似た感じなのかな?という印象でした。

水、DPG、サッカロミセス/コメ発酵液、グリセリン、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、ジグリセリン、ベタイン、PPG-10メチルグルコース、ペンチレングリコール、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、フォリオタミクロスポラ多糖体、フナバラソウエキス、ミロタムヌスフラベリフォリア葉/茎エキス、オプンチアフィクスインジカ茎エキス、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、リノール酸レチノール、トコフェロール、2,4-ジカルボエトキシパントテン酸エチル、トコフェリルリン酸Na、没食子酸無水ソルビトール、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP、キシリチルグルコシド、無水キシリトール、キシリトール、ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12、オリゴペプチド-20、アセチルデカペプチド-3、オリゴペプチド-24、PCA、PCA-Na、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、セリン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロリン、乳酸Na、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、スイカ果実エキス、リンゴ果実エキス、ヒラマメ果実エキス、チョウマメ花エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、アマチャヅル葉エキス、オクラ果実エキス、セージ葉エキス、アーチチョーク葉エキス、ダイズ種子エキス、ドクダミエキス、ヒメフウロエキス、アロエベラ葉エキス、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、フカスセラツスエキス、コシロノセンダングサエキス、加水分解クチナシエキス、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、α-グルカンオリゴサッカリド、イヌリン、スクワラン、マカデミア種子油、ハイブリッドヒマワリ油、ハッカ油、メントキシプロパンジオール、メントール、ラベンダー油、ベルガモット果実油、ライム油、シトルスメジカブルガリス果皮油、マンダリンオレンジ果皮油、オレンジ油、ローズマリー葉油、ニクズク核油、セイヨウネズ果実油、パルマローザ油、セイヨウハッカ油、ニオイテンジクアオイ油、タチジャコウソウ花/葉油、ショウズク種子油、ビターオレンジ花油、スペアミント油、ニオイスミレ油、水添レシチン、フィトステロールズ、マルトデキストリン、デキストリン、BG、PG、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、カルボマーNa、ネオペンタン酸イソステアリル、ジメチコン、PEG-75、(C13,14)イソパラフィン、プロパンジオール、ポリソルベート60、ラウレス-7、ポリアクリルアミド、オキシベンゾン-4、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

カナデルどれがいい?|使用感で選ぶなら?使ってみた感想

続いては、カナデルシリーズを実際に使ってみた感想について簡単にまとめてみました。

ピンクと紫は現品を使用した感想、黄色、緑、黒はサンプルを使用した感想になりますが、参考になれば嬉しいです。

カナデルプレミアリフト(ピンク)の使用感

カナデルプレミアリフトは、とってもみずみずしいジェルです。

1回の使用量は、

  • 朝…パール2粒分
  • 夜…さくらんぼ1個分

と朝と夜の使用量が異なります。

夜はマッサージ用に多めに使用する感じです。

伸びがとっても良くて肌への浸透も良いですが、私の場合は、ちょっとべたつきが気になりました…。

朝忙しいときのメイク前は、ティッシュでオフするなどの工夫が必要でした。

夜たっぷり塗って寝ると翌朝の肌の調子が良くなるので、「肌の仕上がり」という面で考えると私の場合はピンクが一番好きでした。

カナデルプレミアホワイト(紫)の使用感

カナデルプレミアホワイトの1回の使用目安は、大きめパール1個分。

なので、ピンクよりはコスパが良かったです。

濃厚なクリーム状のオールインワンなので、肌の表面にしっかりフタをしてくれる感じでした。

ピンクよりもべたつき感が少なく、使いやすいと思います。

油分が多めなので「しっとりした仕上がりが好み」という方におすすめです。

カナデルプレミアバランサー(黄色)の使用感

プレミアバランサーの1回の使用目安は、パール1個分。

カナデルシリーズの中では、一番使用量が少ないので長持ちしそうです。

乾燥が気になる部分には惜しみなく重ねづけもできそうです。

カナデルプレミアバリアフィックス(緑)の使用感

プレミアバリアフィックスの1回の使用目安は、大きめパール1個分。

カナデルプレミアゼロ(黒)の使用感

プレミアゼロの1回の使用目安は、大きめパール1個分。

カナデルどれがいい?|口コミ・評判で選ぶなら?

カナデルシリーズは、SNSをチェックしてみると、やっぱり緑のプレミアバリアフィックスが一番人気かな?という印象でした。

医薬部外品で、「シワ」「シミ」「敏感肌ケア」ができるというところが人気の理由なんだと思います。

アットコスメでは…

カナデル
プレミアシリーズ
口コミ評価
7点中
口コミ件数
ホワイト(紫)5.31,648件
リフト(ピンク)5.41,378件
ゼロ(黒)5.3141件
バランサー(黄色)5.2110件
バリアフィックス(緑)5.094件
モイストクール(青)5.48件
2022.9月現在

となっていました。

一番人気は紫のホワイト、口コミ評価が高いのはピンクのリフトでした。

黄色のバランサーと緑のバリアフィックスは最近発売されたので、口コミ件数が少ないのかなという感じです。

楽天では…

  1. プレミアリフト(ピンク)
  2. プレミアホワイト(紫)
  3. プレミアバランサー(黄色)

の順。

アマゾンでは…

  1. プレミアホワイト(紫)
  2. プレミアゼロ(黒)
  3. プレミアバランサー(黄色)

の順で人気でした。

カナデルどれがいい?まとめ

「カナデルを愛用しているよ!」という方は、

  • 香りが好きでいろいろ試している
  • 季節によって使い分けている

と、カナデルシリーズをグルグルしているという方がとっても多かったです(*^_^*)

カナデルを初めて使ってみたという方は、

  • オールインワンを初めて使ってみたけれどオールインワン自体をなめていた
  • 使用感もいいし、お値段もそんなに高くないから続けやすい

と比較的満足されている方が多かったです。

カナデルは

  • 「毛穴やテカりが気になる…」という場合には黄色
  • 「シミ対策をしたい!」という場合は紫
  • 「購入するなら医薬部外品がいい」という場合は緑

と肌の悩みだったり成分で選ぶのがおすすめです。

ですが、やっぱり毎日使うものなので「エイジングケアをしたい」という場合であれば、好みの使用感で選ぶのも良いのかなと思います。

以上、カナデルシリーズの成分や使用感についてでした。

ぜひ、オールインワンジェル選びの参考にしてもらえると嬉しいです。

◆オールインワン化粧品関連記事◆

ナイアシンアミドオールインワンジェルおすすめ8選|プチプラも紹介!

コラリッチリンクルホワイトジェルを半額で使ってみた!本音の口コミ

イミニリペアセラムの成分がすごい!?美容液の口コミ評判はどう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!