TOKYOMER7話のあらすじ&考察|稲森いずみと城田優が登場!

TOKYOMER7話のあらすじ&考察|稲森いずみ登場!刑事は敵?

TOKYOMER7話のあらすじとネタバレ考察についてまとめてみました!

7話からは新章へ!

ということで、今度は「警察」が敵として立ちはだかります。

そんな警察の公安刑事・月島しずかを演じるのは稲森いずみさん。

喜多見先生は、レスキュー隊、SIT、大物政治家まで納得させて味方につけてきた感じですが、新章ということで、今回は違う展開になりそうです!

喜多見先生の過去も暴かれるとのこと。

それでは、さっそくいってみましょう(*^_^*)

TOKYOMER6話の感想とネタバレ|ドローン&副チーフの嘘が話題!

東京エムイーアール再放送はどこで見れる?視聴率もチェック!

TOKYOMER7話のあらすじ

外国人労働者たちの元へ

冬木は、別居をやめ家族のもとに戻ったことで、喜多見も喜んでいました。

そんな中、MERのスタッフルームに、外国人労働者の多数が、原因不明の症状を訴えている、という連絡が入ります。

喜多見は、軽い症状だと推測し、冬木とミンの3人で通常車で、現場へ向かいます。

集団食中毒と予想して向かったMERメンバーですが、現場には多くの警察官がすでに到着していました。

一方、厚労省大臣・白金(渡辺真紀子)の元を訪れていた音羽は「たんなる食中毒じゃない。必ず警察の指示にしたがうこと。」と忠告を受けていました。

一方、会社の責任者は「ただの食中毒だよ!大ごとにするな!」の一点張り。

喜多見は、外国人労働者の症状の原因がわからず、病院へ搬送しようとしますが、刑事は「勝手にしてもらっちゃ困る。」と。

喜多見は命を優先したいと言い張りますが、音羽が「大きな力が動いている。」と止めに入ります。

そこへ現れたのは、公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)。

「LP9と接触した人間は?」と聞く月島に、部下は「MERがいる。例の医者も。」と報告。

喜多見と音羽は「外国人労働者が何かを隠している」と推測。

その時月島は、患者の身柄を渡すよう主張し、喜多見が「治療中です。」と断ると、

「決めるのは私だ。喜多見チーフ。」

と月島は喜多見を知っている様子…。

官邸に犯行声明が届いていた!

ちょうどその時、工場が爆発!

MERメンバーは、爆発でケガをした人の処置を優先。

月島は「犯行声明は本物だと官邸に伝えろ。」と指示。

工場の爆発は、爆弾が原因でした…。

一方、外国人労働者の1人が、爆発元の兄を探しに地下へ向かいます。

地下では、ビザのない不法労働者が16人も閉じ込められたいました…。

変なガスが出て、みんな具合が悪くなったとのこと。

そんな中、月島は「私が守るのは日本国民だけだ。」と喜多見たちに反発。

MERメンバーは、爆発が起きた現場で、外国人労働者の兄オペをしようとします。

そこへ現れたのはMERカーに乗った弦巻たちでした!

MERカーでオペをし、外国人労働者の兄は助かります。

神経ガスのテロだった

ですが、機動隊の化学防護隊がやってきます。

徳丸は「神経ガスではないか?」と推測。

一方、赤塚知事は官邸に呼ばれます。

LP9は犯行声明を送ってきた相手でした。

「赤塚知事はどのような手を打つのかな?」と天沼。

「こういうときのためにMERを作ったんです。」と赤塚。

一方、喜多見たちは、外国労働者を病院に運ぼうとしますが、外にはだせないと刑事たち。

ミン看護師にも「就労ビザを持っているんだろうな?」といやがらせをします。

これはテロですね。という音羽に「これはテロではない。テロなど存在しない。国民に知られないうちに処置しているから。」と月島。

月島たちは、外国人労働者を犯人扱いし脅しますが、喜多見は「必ず助ける」と約束します。

全権が東京都に

そんな中官邸からも「MERに治療をさせろ。」という指示が入り、MERを助けるため救急車やレスキュー隊も到着!

赤塚知事に全権が任されました!

MERメンバーは防護服に着替え、15人の外国人労働者の救助に向かいます。

一方、官邸では「不法労働者のために国民の命を引き換える必要があるのかね。私は反対したよ!」と天沼。

赤塚は「失敗した場合には、私の判断でやったと公表します。」と告げます。

爆発予告どおりだと、残り10分。

MERメンバーたちは地下に入り、外国人たちの搬送と処置を急いでいました。

ミン看護師は、居ても立っても居られなくて、

「わたし、知ってます。日本人は本当はいい人ばかりだって。お願いします!」

と警察官に手伝うよう助けを求め、警察官たちも救助をサポート!

残り2分になり「地下室から離れろ!」と指示が入ります。

そんな中、心停止の最後の患者が!

マスクがくもって見えない喜多見は、ガスマスクを外して蔵前と弦巻に「逃げて!」といいながら心臓マッサージをします。

弦巻と蔵前は逃げ切りますが、喜多見とレスキュー隊の2人は間に合わず!

ですが、爆弾は爆発せず、患者も無事搬送することができました。

死者もゼロ(*^_^*)

赤塚も連絡を受け官邸を後にします!

「MERを作った本当の狙いは何?そのまま国政にでて、ここの主になる。」と白金。

「正解!」という赤塚。

「白金大臣は、元医系技官ですよね。医者なら私より理解できるんじゃないですか?喜多見先生の気持ちが。」と赤塚。

城田優がテロ犯役!

一方、月島たちは、外国人労働者の指の腹が切り取られていたことがわかり、さらに調査を進めることに。

外国人労働者がいる日本理科大へ向かいます。

そこで見つけたのは、切り取った指の腹の血の跡でした。

さらに月島たちは、喜多見を監視し、LP9の首謀者「つばき(城田優)」と接触があるのかどうか調べていました。

喜多見が救助する映像を見ると、そこにはつばきの姿がありました。

つばきは喜多見に会いに来たと推測する月島。

一方、喜多見の元には「どんな命でも救うんですね。先生。」というつばきからのメールが!

つばきは「約束は果たしますよ。」と日本理科大から盗んだ大量の薬剤の部屋で、植物に水をあげていました…。

ということで、第8話へ続きます!

東京エムイーアール|喜多見の空白の1年と正体は?【8話のネタバレ】東京エムイーアール|喜多見の空白の1年と正体は?【8話のネタバレ】

TOKYOMER7話の感想とまとめ

稲森いずみさんは、木村拓哉さん主演の「ロングバケーション」で一躍有名になったモデル出身の女優さんで、そのときは「本当にかわいい!モデルさん」というイメージでした。

でも、年齢を重ねても全然変わらなくて、とってもキレイです♪

そして、優しい女性やお母さん役が多かったので、今回は冷血漢なキャリア刑事役でセリフにびっくりです^^;

それから、さらにビックリしたのが城田優さんでした!

稲盛いずみさん演じる月島も、城田優さん演じるつばきも、1話のみのゲストというわけではなく、喜多見の秘密にかかわっていく重要な役柄なので、とっても楽しみです♪

東京MERとは?実在する?エムイーアールの医療は本当にあるの?東京MERとは?実在する?エムイーアールの医療は本当にあるの? TOKYOMERグッズの店舗は?Tシャツやステッカーがかっこいい!TOKYOMERグッズの店舗は?Tシャツやステッカーがかっこいい! TOKYOMERのベトナム人看護師ミン役は誰?アイドリング出身?TOKYOMERのミン役は誰?ベトナム人でアイドリング出身って本当?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!