TOKYOMER5話のネタバレと感想!音羽と涼香の恋の行方に期待!

TOKYOMER5話のネタバレと感想!音羽と涼香の恋の行方に期待!

TOKYO MER5話のネタバレについてまとめてみました!

5話では、厚生省の医系技官・音羽先生(賀来賢人)の大物政治家を助けるのではなく、赤ちゃんの命を守る決断が素敵でした(*^_^*)

そして、大物政治家・ 天沼(桂文珍) をうまく説得して、天沼に酸素吸入器のサポートをさせる喜多見先生(鈴木亮平)もカッコよかったです♪

個人的には、音羽先生と喜多見先生の妹・涼香(佐藤栞里)は恋愛関係に発展してほしいなと思ってしまいました~!

ということで、早速ネタバレにいってみましょう。

東京MER4話のあらすじ&ネタバレ!ツンデレ音羽解体する気ゼロ?

東京エムイーアール見逃し配信・再放送はどこで見れる?無料視聴方法東京エムイーアール見逃し配信・再放送はどこで見れる?無料視聴方法

TOKYOMER5話のネタバレ

政界のドンにMERを解体すると宣言する音羽

MERチームは、30秒で処置する訓練を行っていました(*^_^*)

音羽先生が加わってくれれば早くなるのに。」とミン看護師。

そんな中、赤塚都知事と高輪がやってきます。

2人は、喜多見の空白の一年のことを音羽に聞かれたことを危惧していました。

音羽先生は信頼できますから。」という喜多見に「官僚は政治家の命令には逆らえない。」と赤塚。

さらに赤塚が心配していたのは、喜多見の病院に入院している政界のドン・天沼(桂文珍)でした。

その頃、音羽は、仮病で入院していた天沼に会い「MERは解体させます。」と宣言します。

エレベーター火災事故発生

音羽は天沼と一緒にエレベーターへ。

そこへ喜多見の妹・涼香(佐藤栞里)と車いすに乗った妊婦が乗り合わせます。

そんなとき、エレベーターが故障し、音羽たちは閉じ込められてしまいます。

音羽は、MERを解体させるため、わざと喜多見に連絡します。

ですが、喜多見は音羽を信じ、MERは出動。

赤塚は「身内を救うために独断で動いたことを理由に、MERを解散させたいのかも。」と音羽を疑います。

さらに弦巻は「天沼さんは仮病なんですよね?」と出動したことを後悔している様子…。

ですが、喜多見は「すべての患者さんは平等です。」と動じません。

妊婦より政治家を優先する音羽

そんな中、エレベーターでは空調が止まり温度が上昇…。

涼香は、音羽に妊婦の様子を見てほしいと頼みますが、音羽は天沼のご機嫌をうかがっていました。

その時、エレベーターの起動部で火災が起こり、エレベーター内にも煙が入ってきます!

エレベーターの外にも煙が上がり、MERのメンバーの出動で呼ばれたレスキュー隊は火災元へ向かいます。

エレベーター内では、煙が充満し、妊婦は倒れてしまいますが、それでも音羽は天沼をかばいます。

「助けて。赤ちゃんだけは助けたい。」という妊婦を、涼香は励まします。

一方、レスキュー隊は、エレベーターの上部から酸素吸入器と妊婦のカルテを音羽に渡します。

妊婦は破水して陣痛が始まっていました。

さらに、天沼が「わしを連れていけ!」とジャンプをしたことで、エレベーターのロープが切れ始め落下する可能性が!

音羽の決断!

そんな中、音羽は、妊婦の処置を始めますが、さい帯脱出していて、赤ちゃんの命が危ないことが判明します。

涼香は、防犯カメラに向かい手話で「さい帯脱出」と喜多見に伝えます。

喜多見は、エレベーターの中で帝王切開手術を行う指示を出します。

その様子を見ていた厚労省大臣・白金(渡辺真紀子)は、天沼の救出が先だと喜多見に反対します。

喜多見は「あなたの判断にまかせます。あなたは医者ですから。」と。

音羽に判断を任せ、天沼が脅迫する中「天沼先生の救助は後回しにしてください。」と。

「政治生命が終わるぞ!」という天沼に「はい。人の命ほど大切なものはありません。」と帝王切開手術を始めます。

喜多見とMERメンバーのサポート

煙が充満し、音羽は天沼に吸入器を貸してほしいと頼みますが、貸してもらえず、音羽は意識を失いそうに!

ちょうどそのとき、喜多見が登場し、酸素吸入器を音羽と涼香に渡します。

喜多見は、天沼に「協力してくれたら一躍ヒーローじゃないですか~♪」と酸素吸入器を自分の口に当てるよう指示(*^_^*)

音羽と喜多見の協力で、赤ちゃんは無事おなかから出されましたが、息をしていません…。

音羽は必死で心臓マッサージをしますが、心臓が動かず…。

ちょうどそのとき、エレベーターが開き、EMRメンバーがサポートに入ります!

赤ちゃんの心拍は回復し、泣き声が響き渡ります♪

レスキュー隊も駆けつけた医者・看護師たちも大喜び(*^_^*)

音羽は、意識を失い、喜多見が音羽を介抱します!

音羽の政治生命は断たれず

その後、音羽は病室で意識を取り戻します。

涼香は、音羽にお礼を言いますが、

私は政治家に媚びを売ろうと思っただけです。」と音羽…。

涼香はさらに「何で医系技官になったんですか?」と尋ねますが「天沼先生にたてついたことで、官僚人生は終わりましたけど。」と音羽ははぐらかします。

その後、厚労省大臣・白金は「このままMERに残っていただきます。」と音羽に告げにきました。

音羽が医系技官を続けることができたのは、赤塚知事が「今回の一番のヒーローは天沼先生です。」と会見で答えたからでした。

音羽が医系技官を目指した理由

後日、音羽は妊婦の元へ行き「天沼の発言や行動をオフレコにしてほしい。」とお金を渡します。

ですが、助けられた母親は、

「そんなことどうでもいいです。この子が生まれてきてくれただけで何もいりません。」

「音羽先生、本当にありがとうございました。」

とお礼を言います。

そんな母親の前で、音羽は涙をためながら、

「私の母は、お金もなく、ろくな治療も受けられず死にました。私は官僚になりました。」

「出産一時金を忘れないようにしてください。私は誰もが希望を持って生きられる国にしていきます。

と誓います!

その様子を涼香は影から聞いていました。

音羽は、MERスタッフルームに向かい、手術のトレーニングを始めます。

それを見ていた喜多見は「根っからの医者ですね~。」と声をかけます。

私は官僚です。あなたと一緒にされては困ります。」と答える今回も塩対応な音羽なのでした(*^_^*)

TOKYOMER6話の感想とネタバレ|ドローン&副チーフの嘘が話題!TOKYOMER6話の感想とネタバレ|ドローン&副チーフの嘘が話題!

TOKYOMER5話の感想とまとめ

TOKYO MERは、喜多見先生演じる鈴木亮平さん主演なのですが、音羽先生が、ただただかっこいいドラマですね^^;

SNS上でも、みなさん音羽先生にくぎ付けになってしまっているようです(*^_^*)

喜多見先生は、音羽先生とは正反対の相変わらず安定感のあるかっこよさでした!

TOOKYO MERは、医療ドラマなのですが、女性にとっては「喜多見派」「音羽派」と分かれる「どっちのタイプが好き?」と盛り上がってしまうドラマですよね^^;

それから、音羽先生と涼香が恋愛に発展するのでは?と期待した声もとっても多かったです(*^_^*)

もし、結婚まで行くと、喜多見先生と音羽先生が兄弟に♪

最終回でそうなれば、とっても素敵なドラマですね(笑)。

これだけ人気のドラマになっているので、第2シリーズや映画化もありそうです!

◆追記

音羽と涼香の結婚は、10話でかなわなくなってしまいましたね…。悲しい…。

→TOKYO MER10話のネタバレはこちら

東京MERとは?実在する?エムイーアールの医療は本当にあるの?東京MERとは?実在する?エムイーアールの医療は本当にあるの? TOKYOMERグッズの店舗は?Tシャツやステッカーがかっこいい!TOKYOMERグッズの店舗は?Tシャツやステッカーがかっこいい! TOKYOMERのベトナム人看護師ミン役は誰?アイドリング出身?TOKYOMERのミン役は誰?ベトナム人でアイドリング出身って本当?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!