コントが始まる4話感想!伏線回収でミートソースが食べたくなる!?

コントが始まる4話感想!伏線回収でミートソースが食べたくなる!?

スポンサードリンク

今回は、コントが始まる第4話の感想とネタバレ、そして気になる伏線についてまとめてみました(*^_^*)

4話は、

  • 瞬太と瞬太の母親のお話。
  • 面倒見が良い里穂子の妹・つむぎ

この2人がメインでストーリーが進んでいきます♪

伏線がすごすぎて、文章で表すのが難しいのですが、頑張ってまとめていきたいと思います^^;

コントが始まる3話の感想とネタバレ!恋つづの毎熊克哉が春斗の兄役コントが始まる3話の感想とネタバレ!恋つづの毎熊克哉が春斗の兄役

それでは、早速見ていきましょう(*^_^*)

\「コントが始まる」見逃し配信中/

\スペシャルコンテンツも楽しめる/

2週間無料で体験できます

→Huluのカンタン登録&解約方法はコチラ

スポンサードリンク

コントが始まる4話のネタバレ

こちらは、公式動画サイトの10分間ダイジェストです♪

見逃した方はぜひ(*^_^*)

まずは、ネタバレから!

コント「捨て猫」

4話の前振りも、マクベスのコント♪

、捨て猫(春斗)は、人に拾われるのを待っています。

そこに現れたのが野良猫(瞬太)。

野良猫「俺は一度も捨てられたことがない野良猫だ!」

捨て猫「飼ってもらったこともないくせに、うるさい!」

野良猫「俺が飼い主を選んでいるんだ!」

とわけのわからないコントです…^^;

dorocy
dorocy

でも、これは実は野良猫の強がり(*^_^*)

ストーリー全体の伏線になっています!

「捨て猫」のコントを見ているのは、高校の担任の真壁先生(鈴木浩介)。

そして、里穂子の妹・つむぎ。

「捨て猫のコントって、毛色が違うよね。」というつむぎに、姉は「マクベスを理解する才能があるんじゃない!?」と喜びます^^;

マクベスの台本は全部春斗が書いているけれど、「捨て猫」だけは瞬太が書いたものでした

マクベスを続ける可能性がでてきて里穂子大喜び!

いつものファミレスで、春斗は里穂子に、最近引きこもっている兄と久しぶり会話して嬉しかったことを話します。

「兄に、マクベスを続けろって言われちゃった」

「事務所のマネージャーにも解散考え直してって」

と春斗が言うと、里穂子は大喜び(*^_^*)

「続けましょっ!」と念を押します。

マクベスの名づけ親は、高校の担任・真壁先生!?

一方、潤平は彼女の奈津美と一緒に、高校の担任に会い、楽しく昔の思い出を語り合っていました。

楽しく話す中で、マクベスと名付けた由来に、3人の担任だった真壁先生(鈴木浩介)が関わっているという話に。

潤平は、瞬太の車に3人と真壁先生が一緒に乗った高校時代を思い出します。

dorocy
dorocy

ここから潤平のナレーションで、高校時代のシーンに。

春斗は、マクベスという名前に気乗りしていませんでした^^;

潤平は、「真壁の教え子」→「Makabe’s student」→「マカベス」→「マクベス」と提案しました。

これは、当時潤平が好きだった奈津美の考えでした。

そのとき、子供が生まれそうで焦っている先生を発見!

瞬太の車で先生を病院に送りました。

心細い真壁先生は、3人にも残るように頼みます。

無事子供が生まれたとき、瞬太が号泣…

「生まれてきたときって、あんなに祝福されると思ったら悔しくなった」とのこと。

瞬太と母親は絶縁状態に…

瞬太は、父を幼いときに亡くしたので、高校時代は母との2人暮らしでした。

瞬太の母親は、瞬太がやることなすこと全て否定する人…。

もちろん、プロゲーマーになることも。

ですが、自分には甘く若い男性と再婚しようとしていました。

最低の女なんだから!」と言い、高校卒業後に一人暮らし始め、母とは今でも絶縁状態に…。

春斗と潤平は、瞬太の母親に会っていた

瞬太は、瞬太の母親と高校からずっと会ってないですが、春斗と潤平は1回だけ会っていました。

瞬太の母と2人は、外でミートソーススパゲティを食べることに。

「瞬太が唯一美味しいと言ってくれたのがミートソースだった。でも、それに粉チーズをたっぷりかけたから怒ってしまった」

と瞬太の母は、自分の不甲斐なさを反省していました。

dorocy
dorocy

このミートソースも、最終シーンの伏線になっています!

瞬太の母は「過去は取り戻せないけれど、瞬太といつか会わせてね」と春斗と潤平に頼みます。

ライブ会場に来るように言いましたが、瞬太の母は一度も来ず…

妹・つむぎの昔からの性格

一方、里穂子も面倒見の良いつむぎを見て、昔のことを思い出していました。

廃人になったときの里穂子のこともそうですが、つむぎは、汚れた人形や捨て猫などなど、とにかく傷ついたモノや動物、人を放っておけない性格でした。

捨て猫を拾ってきて育てたり、中学高校時代は野球部の伝説のマネージャーと呼ばれたり、面倒見が良いので、困ったり傷ついている人が寄ってくる性格。

高校卒業後は燃え尽き症候群になり、バイト生活をはじめ、突然スナックで働くように。

里穂子は「傷だらけのおじさんたちを元気づける水商売は、つむぎの天職かも」と感じていました。

そんな中、つむぎは里穂子の家に「家がないから、泊めてあげてもいい?」と一緒に働いてるうららを連れてきます…^^;

瞬太の母が病気に…

一方、瞬太の携帯に病院から電話があり、母が病気で、明日まで持つかわからないとのこと…。

病院に行けという春斗と潤平に、瞬太は「何で俺の気持ちわかってくんねーの?ぶざけんなよ!」とキレて部屋を出て行ってしまいます。

そんな瞬太が頼ったのは、つむぎでした

つむぎの携帯に、画像で「S・O・S」と送ります。

つむぎは「顔を見たくないほど恨んでるんだったら、文句の1つくらい言ってやればいいじゃん。逆襲する最後のチャンスだもんね。」と。

真壁先生の厳しい言葉

一方、春斗と潤平のアパートに真壁先生がやってきました。

マクベスを続けたほうがいいのか、解散したほうがいいのか相談すると、真壁先生は…

解散したほうがいいと思うぞ。」

18から28までと、これから先の10年は、別次元の苦しみだぞ。

と、厳しいことを2人に話します。

潤平は「頑張れよ」と言ってもらえると思っていたので、がっかりします…。

瞬太は母の最期を看取ることができた

一方、瞬太は、つむぎのおかげで、病院に駆けつけることができました。

そして、瞬太の母に、今までの思いを全て話し、

あんたを許す時間をくれよ。もう一度やり直すための時間くれよ。

「死ぬなんて認めてねーからな!」と。

最後には「母さん、ごめんね。」と、母に自分の気持ちを伝えて最期をみとることができました

瞬太を気遣う優しい仲間たち

母の葬式後、瞬太は春斗と潤平に「ネタ合わせをやろう」と言い出します。

「今日は休め」という2人に、瞬太は「俺にはもうマクベスしかなくなっちゃったんだよ」と泣きそうになりながらうったえます。

そして、3人は、いつものファミレスへ。

びっくりした里穂子に「背後霊でも見えたの?」と春斗(*^_^*)

そして、潤平も「背後霊の方にも」とコーヒーを4つ注文します。

背後霊とは、瞬太の母のことです♪

伏線回収:ミートソース&コント「捨て猫」の続き

その後、つむぎは、瞬太のために大好きなミートスパゲティを作ってあげます

相変わらずたっぷりと粉チーズをかけて「美味しい~」と喜ぶ瞬太。

ソースがなくて、自分はバターとしょうゆだけでパスタを食べるつむぎ。

里穂子は、そんなつむぎを「もう少し自分のことを大切にしてほしい」と心配します。

そして、シーンはコント「捨て猫」。

捨て猫(春斗)は、飼い主の家に戻ることに。

そして、なんと、野良猫(瞬太)は捨て猫が入っていた段ボール箱に入って、飼い主を待ちます。

そうなんです!野良猫は捨て猫になって拾われたかったんですね(*^_^*)

犬かと思って拾おうと現れた老人(潤平)に「犬じゃなくて、猫かよ!」と言われ「ワンワンワン!」と吠える野良猫だったというオチでコントが終わります。

ということで第5話へ!

コントが始まる4話の感想とまとめ

母に、何もかも否定され続けて、恨みを持つ瞬太でしたが、つむぎのおかげで母と和解し、最期を看取ることができました。

母とは正反対で、つむぎは、

「ミートソースに粉チーズをたっぷりかけても大丈夫」

「自分の弱い部分も優しく包んでくれる」

と瞬太にとっては、唯一甘えることができる存在でした(*^_^*)

そして「小さいときに捨て猫を拾ってきたつむぎ」と「コントで捨て猫になりたかった野良猫(瞬太)」もリンクします。

第4話も、3話と同じように、今まで全くかかわってこなかった瞬太とつむぎが、運命のように絡み合っています。

当初は「お笑い系のドラマかな?」と期待せずに見ていたのですが、毎回号泣のすごいドラマです^^;

以上、コントが始まる4話のネタバレと感想でした♪

見逃した方や「コントが始まるってどんな内容なの?」という方の参考になれば幸いです(*^_^*)

\「コントが始まる」見逃し配信中/

\スペシャルコンテンツも楽しめる/

2週間無料で体験できます

→Huluのカンタン登録&解約方法はコチラ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!