いい香りのコスメ!限定キャンペーン中

彼女はキレイだった1話のネタバレ&感想!中島健人にギャップ萌え!

彼女はキレイだった1話のネタバレ&感想!中島健人にギャップ萌え!

2001年7月6日からスタートした「彼女はキレイだった」1話のネタバレと感想についてまとめてみました(*^_^*)

ドラマ「彼女はキレイだった」は、「毒舌ケンティ(中島健人)」ということで、ドラマが放送される前からSNSでもとっても話題になっていました!

そして、中島健人さん演じる長谷部宗介アカウントで始めたインスタも話題に♪

「彼女はキレイだった」は韓国版のリメイクで、大人気のドラマ。

1話では、愛と宗介の淡い初恋、そして、愛と宗介の再会についてのお話になっています。

笑いもありますが、胸がギュッと痛くなる感じで切ないストーリーです…。

それでは、早速いってみましょう(*^_^*)

彼女はキレイだった|見逃し動画を無料で見る方法とあらすじチェック!

彼女はキレイだった1話のネタバレ

宗介が日本に帰国・愛はさえないアラサー女子に…

宗介(中島健人)は、ニューヨークから日本に帰ろうとしていました。

そして、パズルを大事そうに眺めていました…。

dorocy
dorocy

このパズルは昔愛と一緒に遊んだときのパズルです。

一方、愛(小芝風花)は、居酒屋でバイトしていましたが、愛の容姿が理由で、注文を取りに行いったお客さんから「ハズレだよ。」と言われたり、ビールをかけらたり…。

さらに、心配されるのは、となりにいたかわいい女性店員と散々…。

さらにさらに、バイト先もクビになります…。

愛は帰り道、

輝ける場所って何だろう…。どうすればそこにたどりつくことができるんだろう…。

と落ち込んでいました。

愛のところに宗介からメールが!

愛が自宅に帰ると、親友の梨沙(佐久間由衣)が誕生日のお祝いを準備してくれていました(^_^

愛は、不幸すぎて自分の誕生日さえも忘れていました…。

「同い年なのに、梨沙はレストランのマネージャーで私は無職…。」

「気づいたら28歳。この年になっても何者にもなれない人生を生きている…。」

と愛。

翌日、愛は就職するため、出版社の面接に向かいます。

「結婚は考えていません!どんな仕事でもやらせていただきます!」

とアピールする愛ですが、高学歴の他の志望者にひるんでしまいます…。

面接を終え、自宅に帰ると、パソコンに「長谷部宗介」からメールが!

愛は幼なじみの宗介からのメールに喜びます(^_^

大好きだったんだ♪

と梨沙に話す愛。

そのメールには「会いたいです。」とあり、焦る愛…^^;

愛は宗介に会いに行く!

愛は宗介と待ち合わせの場所へ向かいますが、「おデブちゃんだったし。」と普段着で出かけます。

おっちょこちょいな愛は、携帯を忘れ、梨沙の携帯を借りることに。

待ち合わせ場所に到着した愛は、太った男性を宗介と思い込み声をかけます^^;

そこに宗介から連絡が!

宗介は電話ごしに「見つけた!」と。

愛が振り向くと、全く昔の面影がないイケメンすぎる宗介がいました

愛はビックリ…。

その後、宗介は、愛のところを素通りし、近くにいたキレイな女性の元へ…

この時、愛は、小学校のころと今の容姿が全く違うことに気づきます!

「あの頃の私はもういない…。」落ち込みます。

愛が残念な女性になった理由

愛は、幼いときは美人の母親の遺伝子を継いでいました。

ですが、大人になるにつれて父の遺伝子の影響が大きくなり、そして、父の会社も倒産し、容姿も人生も残念な愛になってしまったのでした…。

愛はその場を離れ、梨沙に相談。

「幻滅されたくない!」と梨沙に話しますが、梨沙に「自分を卑下しない!」と励まされます。

ですが、愛は梨沙に身代わりになってもらうことをひらめき、梨沙が宗介に会いにいきます。

のぞくお姉さんのパズル

愛は、宗介と梨沙が会うのを見ながら、幼少期に宗介と一緒に遊んだパズルのことを思い出します。

そのパズルの絵は「のぞくお姉さん」。

引用元:楽天市場(※クリックすると楽天へ飛びます)

「のぞくお姉さん」とは、男女が幸せそうにしているのを陰からのぞく女性のこと。

dorocy
dorocy

この絵は、ルノアールの「田舎のダンス」という実在する絵です。

愛は涙をこらえながら「自分はのぞくお姉さんと同じだ…。」と悲しみます。

一方、愛の身代わりになった梨沙は、宗介の話に一生懸命合わせていました^^;

愛は宗介の後ろで梨沙にゼスチャーでアドバイスをしていました^^;

宗介は、梨沙を愛だと信じ込み、「かっこいいままの愛でいてくれてよかった。探して正解だった。」と伝えます。

ですが、愛は宗介とは反対に「隠れてよかった。」と思うのでした…。

宗介との別れ際、愛の身代わりになった梨沙は、宗介に「イギリスに留学に行くことになった」と伝えます。

宗介は残念そうにしますが、「イギリスで役に立つと思う。嫌なものを避けられる」とプレゼントを買って渡します。

そして、梨沙を抱きしめ「会えて良かった。」と伝えるのでした…。

愛は、その様子を陰から見ていました…。

愛と宗介の思い出

自宅に帰った愛と梨沙。

梨沙は、愛に宗介からもらったプレゼントを渡します。

宗介からのプレゼントは、傘でした。

梨沙は疲れて寝てしまい、一人で傘を広げる愛…。

一方、宗介は幼い頃に母親が交通事故で亡くなったことを思い出していました。

母は雨の日に亡くなったことから、幼い宗介は雨が降ると必ず呼吸困難になっていました…。

そのときに「私が宗介の傘になるから。」と助けてくれたのが愛でした。

その後、宗介は、愛に「のぞくお姉さんのパズル」の1ピースを渡し、キスをしてアメリカへ向かったのでした。

宗介は、過去を思い出しながら、1ピース欠けた「のぞくお姉さんのパズル」をみつめていました。

そのころ、愛は宗介からのメールを削除し、宗介とは会わないと決意していました…。

愛の就職先が決まる!

翌朝、愛に出版社から採用の連絡があり、梨沙と一緒に大喜び(*^_^*)

そして、初出勤の日、樋口拓也(赤楚衛二)と出会います。

愛の黒いローファーと白いソックスから、樋口は「マイケルジャクソン?」とおもしろがります(*^_^*)

愛を採用したのは出版社の総務部。

社内には、自分の社員証や自分の机があることに喜び張り切っていました!

愛は備品を届けにファッション編集部へ!

愛は総務部として、編集部に備品を届けに行きますが、なぜか雑用をまかされます…^^;

編集部の社員は、愛が新しく来た校閲さんだと思い込み、どんどん愛に依頼!

愛は「なんで??」と思いながらも、指示されるまま撮影スタジオにコーヒーを届けにいきます。

一方、編集部には新しい校閲さんから休むという連絡が入り、社員は愛と間違ったことに気づきます。

ですが、愛が担当した校閲が完璧にできていたので、編集部の社員たちはビックリ!

編集部で働くことになる愛…

愛は、編集部の仕事を片付けて、総務部に戻ると「ザモストの編集部で働くことになったから。」と上司に言われます。

翌日、早速愛は編集部に出勤。

樋口は「マイケルジャクソン♪」となぜか嬉しそう(*^_^*)

そして、ファッションに疎い愛に、詳しく教えてくれるのでした。

実は、愛が編集部で働くよう提案したのは、樋口でした^^;

宗介が副編集長としてやってくる!

ちょうどそのとき、編集長の蘭子(LiLiCo)がやってきます。

蘭子は新しい副編集長を紹介しますが、なんと!長谷部宗介でした。

愛はすぐさま、机の下に隠れます!

そして、急いで総務部に行き、「戻してください!」と上司にお願いしますが、拒否されます…。

愛は「どうすりゃいいの~!」と悩んで編集部に向かう途中で、宗介とバッタリ会い2人きりでエレベーターに乗ることに!

ですが、エレベーターは止まってしまい、宗介にネームプレートを見られてしまいます!

「佐藤愛…。」と発する宗介に、愛が困惑していると、エレベーターのライトが消え暗闇に。

さらに戸惑う愛に「もしかして閉所恐怖症?」と宗介はイヤホンで音楽を聞かせてくれます。

その音楽は、幼少期に愛が宗介に聞かせた音楽でした…。

「ある日教えてもらって、こうすると気持ちが落ち着くって…。」と宗介。

愛に気づかない宗介は、その場をすぐに去ってしまいます。

その後宗介が向かったのは、岸田常務(木村祐一)のところでした。

昔とは別人になってしまった宗介…

一方、愛はスタジオでアシスタントとして働いていましたが、慣れてない仕事でヘマばかり…。

ついには、転んでしまいセットを壊してしまいます…。

宗介もその場にいて、愛は穴の開いた靴下を見られてしまいます。

「なんなんだ。君は。良かったです。うちの部員じゃなくて。」と冷たく言い放ちます。

帰宅後、愛は梨沙に宗介のことを相談していましたが、またまた宗介から連絡が!

イギリスに留中だと思い込んでいる宗介に、梨沙が自分のイギリス旅行の写真を送信。

これでイギリスにいるって信じる。同じ職場でも絶対バレない。」と梨沙。

翌朝、愛は退職願の書き方を見ていました…。

今の私はさ。穴の開いた靴下と同じなんだよ。もうみじめな思いはしたくない。」と。

梨沙は、夜に話そう。と引き留めます。

その後、出勤途中で、宗介に会った愛は、昨日の失敗を謝りますが、宗介は「プロ意識のない人間は必要ない。」と言って去っていきます。

愛は、慣れない仕事をこなそうとしますが、やっぱりうまくいきません…。

宗介も「おい!総務部(愛のこと)いつまで待たせるんだよ。優先順位を考えろ。」とものすごい対応…。

愛は宗介に「私の名前は総務部ではありません。…その、すみません。」と伝えますが、「気に入らない。この名前が気に入らない。」と宗介…。

そして「なんだ、あいつ。」とつぶやきます。

愛は「はっきりわかった。私が好きだった宗介はもういない。」と思うのでした…。

そして「あんなの宗介じゃない。絶対辞めない!」と梨沙に連絡。

一方、梨沙は偶然宗介に会ってしまいます!

彼女はキレイだった1話の感想とまとめ

私は、韓国版の「彼女はキレイだった」を見ていて、正直に言うと「日本版はキャストもイメージと違うし、別のドラマとして楽しもう。」と思っていました^^;

ですが、すごいですね(*^_^*)

韓国ドラマのストーリーを全く崩さず、ギュッと凝縮されていて、あっという間の1時間15分でした!

中島健人さんも「王子キャラ」「甘い言葉をささやくキャラ」というイメージだったのですが、上手に演じられていてすごい!と思いました♪

それから、放送前はしっくりこなかった佐久間由衣さんと赤楚衛二さんも、違和感がなかったです(*^_^*)

韓国ドラマは、1話の放送時間は60分、そして話数も短くても16話~24話ほどになります。

なので、日本でリメイクされると、陳腐な感じになったり、脚本が違うものになったりするのですが「彼女はキレイだった」はそういう感じがありませんでした♪

今後は、心から楽しめるドラマになりそうです!

「彼女はキレイだった」は、現在FODプレミアムとU-NEXTの動画配信サービスで見逃し配信中です。

FODは初回2週間無料で、登録方法解約方法も簡単でした♪

U-NEXTは、初回31日間無料なので、FODよりも、じっくり&ゆっくり動画を楽しむことができます(*^_^*)

こちらも登録&解約方法は、とっても簡単です♪

U-NEXTは、動画サービスの中で作品数No.1!

なので「いろいろなドラマや映画を楽しみたい!」という場合におすすめです。

彼女はキレイだったキャスト一覧!あらすじは面白い!?【日本版】彼女はキレイだったキャスト一覧!あらすじは面白い!?【日本版】 彼女はキレイだった日本版は最悪?韓国版との違いは?キャスト比較!彼女はキレイだった日本版は最悪?韓国版との違いは?キャスト比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!