イタイケに恋して6話のネタバレ&感想|容疑者たまみの悲しい結末とは?

イタイケに恋して6話のネタバレ&感想|容疑者たまみの悲しい結末とは?

イタイケに恋して6話のネタバレと感想です(*^_^*)

5話では、たえ(山村紅葉)に本当の恋をしてしまった将希(菊池風磨)。

イタイケに恋して5話のネタバレはこちら

SNS上でも「菊池風磨最高の回だった」と話題になるほど、将希の優しい性格に癒されたお話でした。

ですが、6話では、美人な連続殺人容疑者・たまみ(片山萌美)に会ったとたんに恋します^^;

「はやっ!たえさんは何だったの!?」という展開になっていますが、それが将希の性格なので、仕方がないですね!

ということで、さっそくいってみましょう(*^_^*)

イタイケに恋して6話のネタバレ

恋愛研究所に、ななが現れます!

影山に用事があるとのこと。

佐知が対応しますが、いきなりマリックが出てきて「ななちゃんですよね?」と興奮状態^^;

ななはマリックの執拗さにおびえ、帰ってしまいます!

兄と恋人を別れさせたい妹…

ある日研究所に、菜野花(仁村紗和)が相談にやってきます。

影山(渡辺大知)、将希(菊池風磨)、マリック(アイクぬわら)は、早速菜野花の相談に乗ります。

菜野花の悩みは、恋愛経験のない兄・秀雄(濱津隆之)とその恋人・たまみ(片山萌美)を別れされてほしいという依頼でした。

たまみは、ゴルフ愛好家連続殺人事件の容疑者で、世間を騒がせていました…。

「たまみがキャディをした男性は、数日後遺体で発見される」という事件が発生していたのです!

なんと3年で8人もの男性が失踪し、死亡していました…。

たまみは、容疑者として逮捕されますが、決定的な証拠は見つからない状態でした。

スポーツ記者の秀雄は、たまみへ取材をするために拘留中にたまみと面会。

そのときに恋に落ち、結婚の約束までもしてしまったとのこと…。

菜野花は、たまみが不起訴で釈放されたら、兄も殺されてしまうのではないかと心配していました…。

たまみに会った将希は…

影山、将希、マリックの3人は「どうして、拘置所にいるような人を好きになるのか?」について話し合います。

ですが、連続殺人をしたかもしれない女性を好きになる理由が全く分からず…。

将希は「会ってみたいな。」と興味を持ちますが「絶対好きになると思うよ!」と影山とマリック^^;

佐知(石井杏奈)は「お兄さんをここに呼ぶしかないんじゃない?」と提案します。

3人は、秀雄を呼び、なぜか裁判形式で秀雄の気持ちを確かめます。

「容疑者という肩書に恋したのではないですか?」「本当に好きなんですか?」と佐知を含め3人は言いたい放題^^;

秀雄は「彼女の魅力は会えばわかります!僕たちの愛が本物だということも!」と強く主張。

将希は「たまみに面会を希望します!」と主張し、拘置所へ向かいます!

たまみに会ってきた将希に、影山とマリックは興味津々…。

そして「めっちゃ好きや!」と15分の面会で将希は、ミステリアスな雰囲気なたまみのことを好きになってしまったのでした!

さらに「俺と結婚してください!」と言ってしまったのでした。

たまみに会ったマリックは…

続いて、マリックがたまみの元へ向かいます!

たまみは「大きいのね~。あなたの手。ここに重ねてみて。私手の大きな人好き♡」

「実は私ね…。手の平が性感帯なの。」と言われます。

帰ってきたマリックは「たまみやってないよ!やってるわけないよ!」とマリックも好きになってしまった様子。

「洗脳されてるな~…。」と佐知。

たまみに会った影山は…

そして、影山も「俺は大丈夫!」とたまみの元へ!

「秀雄さんのことをどう思っているんですか?どんなところが好きなんですか?」と影山は尋ねます。

たまみは「少しずつ蝕まれていったという感じかな?」と答えます。

連続殺人容疑について聞くと「気が済むまで泣いたら次の日から頑張ろうって。悲しみを数えていきるより幸せを数えて生きていくほうがいいじゃない?秀雄さんのことをいつ死んでもいいと思うくらい愛しているから。私のこと信じてくれる?」とたまみ。

「はい。」と感動して答える影山なのでした^^;

3人は全員たまみに魅了されてしまいました!

たまみは不起訴処分

再び秀雄を研究所に呼び、裁判の続きへ!

「たまみさんと秀雄さんの恋は本物です!」と六郎は言い渡します。

妹の菜野花は、怒りをあらわにします。

そんな中、たまみが不起訴になって釈放されたというニュースが!

その後、将希はたまみをゴルフに誘おうとたまみのいる拘置所へ行きますが、そこにはマリックと影山も来ていました^^;

そんな中、秀雄もやってきました。

拘置所から出てきたたまみに、将希は「俺と一緒に幸せになろう。」と告白しますが、たまみは無視…。

たまみは「やっと触れられた。」と秀雄とハグします。

たまみは犯人?

その夜、 菜野花が「兄のゴルフ道具がない!」と研究所にやってきます!

全員ゴルフクラブで殴られて殺されていたため「兄はたまみが殺人犯なのかどうか確かめようとしている」と菜野花。

一方、秀雄はたまみと一緒にゴルフ練習場にいました。

影山たちも向かいますが、秀雄たちとは入れ違いに…。

秀雄はたまみに「不起訴になって良かったね。ねぇ。本当のことを教えて。君は本当にやってないの?」と聞きますが

「何かがっかりしているようにみえる。本物の殺人犯じゃないとあなたには振り向いてもらえないの?

とゴルフクラブと取り出すたまみ!

それだよそれ!福本たまみ!」という秀雄。

そして「どうして殺したのか聞かせてくれよ!」とスマホを出して撮影します!

たまみは秀雄めがけて、ゴルフクラブを振りますが、将希が間に入り殴られます!

ですが、ゴルフクラブはおもちゃでした(*^_^*)

秀雄に「好きだった。」と言って、たまみは去っていきました…。

後日、佐知は影山扮するコルクの歌を口ずさんでいました。

それを聞いていた影山に「今ハマっている歌。最初はダサいなと思ったけれどいいなと思ってさ!」と佐知。

「うっそでしょ…。」と焦る影山でした…^^;

ということで、第7話へ続きます!

イタイケに恋して6話の感想とまとめ

※放送日に追記しますね(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!