漂着者1話の感想&ネタバレ!ヘミングウェイって何?予知能力者?

漂着者1話の感想&ネタバレ!ヘミングウェイって何?予知能力者?

漂着者1話のネタバレと感想についてまとめてみました(*^_^*)

漂着者は、CMをチェックしてみると「ミステリードラマ?」と思ってしまうのですが、サスペンスやオカルトなどなど、どのジャンルにも属さないドラマ。

放送前から、とっても謎に包まれたドラマがいよいよスタート♪

それでは、さっそくいってみましょう(*^_^*)

漂着者1話のネタバレ!

イケメン全裸男登場

オープニングは、

見よ、は雲にのり来られる。

すべての目がを見るめる。

を突き刺した者たちを含めて。

という謎のメッセージからスタートします。

場所は、新潟県新潟市西蒲区の浦野海岸。

3人の女子高生が歩いていると、そこには全裸の男性(斉藤工)がうつ伏せで倒れていました・・・。

驚いた3人は、スマホで動画を撮影しながら、近づきます…。

救急車を呼ぼうとして「大丈夫ですか?」と声を掛けますが、男性はいきなり顔を上げて「勝者には何もやるな。」とつぶやき、また倒れてしまいました。

女児失踪事件を追う記者と刑事

そんな中、新潟市内では、松園遥香(4歳)の失踪事件が起きていました。

この失踪事件は、半年の間に5人の女児が殺された連続殺人事件との関連が疑われていました。

県警捜査一課の刑事・柴田俊哉(生瀬勝久)と野間健太(戸塚純貴)は、この事件の捜査を、そして、新谷詠美(白石麻衣)は新聞記者としてこの事件を追っていました。

「何か情報いただけますか?」という詠美。

ですが、以前、詠美は警察の不正を暴いたことがあり、柴田は警戒してサラっと流します。

記憶障害の男性がSNSでトレンド入り!

男性は、救急車で病院へ運ばれ、精神科教授・国原栄一(船越英一郎)のもと精密検査へ。

検査の結果では、

  • 記憶障害
  • かなりの距離を泳いだ後、溺れた

ということが判明。

一方、警察は女子高生に男性についての聞き取りを行っていました。

女子高生たちは、軽い気持ちで男性の動画をSNSにアップし「#イケメン全裸漂着者」というタグがトレンド入り!

警察は削除するよう言いますが、女子高生たちは興奮し耳をかしません^^;

左足にタトゥーがある男性「ヘミングウェイ」

その頃、国原は男性に検査の結果を告げますが、男性はやっぱり何も覚えていないとのこと…。

男性は、身分証明書も何も保持してなく、左足首のタトゥーだけが手がかりでした。

国原は、思い出したことをメモするようスケッチブックを用意させます。

国原が病室から出ようとしたとき、窓に鳥がぶつかり、ガラスが割れ鳥の血が!

その後、女子高生たちは、男性の病室にお見舞いにやってきます。

男性が発した「勝者には何もやるな。」というアメリカの作家アーネストヘミングウェイの有名な言葉から、男性は「ヘミングウェイ」と呼ばれることに^^;

女子高生たちは「今後も動画を投稿していけば、知っている人が現れるかもしれない。」と男性に提案し、男性もそれを受け入れます。

女児失踪事件は難航…

一方、詠美は、捜査一課課長の佐々木文雄(岩谷健司)を待ち伏せし、女児失踪事件について情報をもらおうとしていました。

佐々木の車に乗り込んだ詠美は、いろいろ聞き出しますが、佐々木は答えられないと断ります。

詠美は、佐々木の表情で判断し、佐々木をタクシー代わりに利用し近くの駅で降りるのでした^^;

その頃、柴田たちは、犯罪捜査データベースへアクセスし、犯人を割り出していました。

データベースから見つけたのは、雲行寺・住職の深見(リリーフランキー)。

柴田たちは、早速深見のところへ向かいます。

ヘミングウェイは予知能力者!?

一方、ヘミングウェイは、スケッチブックに単語や風景を描き始めていました・・・。

手が勝手に動いて…。かつて私が見た景色かもしれません。」と女子高生たちに話します。

その頃、柴田だちは、深見にアリバイを聞いていました。

深見は、関係ないと言いますが「鬼畜は善良なフリをしている」と柴田は疑っている様子…。

その頃、ヘミングウェイはSNSで「可愛い」「私の彼氏」などファンがつくようになっていました。

そんな中、住人からの通報により、女児は生きたまま発見されます。

詠美も柴田も一安心。

ですが、なんとその発見場所とヘミングウェイがノートに描いた風景が激似

詠美が新聞記者になった理由

一方、詠美は上司の橋太(橋本じゅん)と居酒屋へ行っていました。

橋太は、なぜ記者になったのか聞きますが、詠美は「真実を知りたかったからです。」と…。

詠美の父親は、詠美が幼い頃、県議会議員でしたが収賄の事件で逮捕されていました…

「隠すべき真実もある」という橋太に「どんなに人を気づつけても明かされるべきだと思います!」と詠美。

詠美と柴田はヘミングウェイと対面

一方、ヘミングウェイの絵は、動画にアップされていたので「予知能力者なのではないか?」とネットをざわつかせ、テレビでも「犯人の可能性もあるよね?」と報道されることに!

そんな中、ヘミングウェイは、突然「黄色い花と包帯が巻かれた手」の絵をかき始めます!

ちょうどその時、詠美が訪れますが、詠美が持っていたのは黄色いひまわり、そして詠美の手には包帯が!

「お話を聞かせていただきたいのですが。」という詠美に、ヘミングウェイは「初めからそのつもりでした。」と…。

さらに「バックの破片に気をつけて。また指切っちゃいますよ。」と、詠美が居酒屋でコップを割ってケガしたことを見透かされます。

詠美は、裏付けがないものは信じないと動じません。

その後、柴田たちも「タネを教えてもらえませんか?」と病室へやってきます。

黄色い花と包帯が巻かれた手の絵を見て、詠美はビックリ。

そして、コーヒーをこぼした絵を見て、事前にコーヒーをこぼしていた柴田もビックリ^^;

さらに、下の名前で呼ぶようになる気がするからと「詠美」と呼び「君に見つけてほしい。私が手のひらに隠したタネと記憶を。」と告げます…。

ヘミングウェイのタトゥーを見た老人が自殺!?

その後、ヘミングウェイは、入院患者である後宮徳治郎とエレベーターで一緒になります。

後宮は、ヘミングウェイの左足のタトゥーを見て、急に怯え始めます!

そして、タトゥーの絵と同じ謎のポーズを…。

翌日、後宮はそのポーズをしたまま、首をつって死んでいました…。

そんな中、ヘミングウェイのもとに、NPO法人「しあわせの鐘の家」の代表・ローゼン岸本(野間口徹)がやってきます。

謎のポーズをして、ヘミングウェイにあいさつし、ヘミングウェイを引き取りに来たとのこと。

しあわせの鐘の家は、お金や生活に困っている人を助けるNPOでした。

「この人のことを知っているんですか?」という詠美の質問に、岸本は「ええ。もちろん。ですが、まだ準備ができていません。彼も、あなたも、世界も。」と…。

ヘミングウェイは「わかりました。」と答えますが「その前に…。」と言って突然病院の窓から飛び降ります!

ということで、第2話へ続きます。

漂着者1話の感想とまとめ

予告を見たときから「何?このドラマ!」という感じで「絶対見よう!」と思ったドラマでした^^;

実際に1話を見てみて、期待通りとっても面白かったし「次どうなるの?どうなるの?」とかなり気になるドラマです!

公式インスタにもある「タトゥーと同じ謎のポーズ」も気になります…。

ヘミングウェイのセリフから、ヘミングウェイと詠美は恋愛関係になっていくのかな?と思います(*^_^*)

ですが、それ以外にもさまざまな事件が起きそうで、今からとっても楽しみです♪

1話がかなり衝撃的で、今までに見たことのないジャンルや展開なので、毎週ハラハラする感じですね^^;

漂着者1話衣装|白石麻衣のピアス・バッグブランドはどこの?漂着者1話衣装|白石麻衣のピアス・バッグブランドはどこの? 漂着者のキャスト一覧!あらすじは面白い?脚本は誰?原作はあるの?漂着者のキャスト一覧!あらすじは面白い?脚本は誰?原作はあるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!